アナリーゼ コミュニケーション ソルフェージュ 思考と心 音楽理論

よくわからない曲はキライ

「この曲はよくわからない」
「意味がわからないからキライ」

そんな風に思うことって
あるでしょうか。

有吉尚子です。こんにちは!

もしかしたら近現代の作品に
そんな感想を抱くことは
少なくないのかもしれませんね。

絵画も同じように自分が慣れている
タイプのものしか好きじゃない、
と言われがちかもしれません。

でも芸術って本当にわからなければ
面白くないのでしょうか。

そもそも音楽や絵画に触れるのは
理解するためなんでしょうか。

以前の記事で小林秀雄さんの
「考えるヒント3」
の中に掲載されているエッセイを
ご紹介しました。

理解することと鑑賞することは
全く違うんですね。

形式や手法に名前をつけて満足、
では作者が伝えたかったことは
全く届いていないことに
なってしまいます。

作曲する人は形式や手法を使って
何かしら表現したいことが
あったんですから。

「どこが旋律だかわからない曲は
何を聴いていいかわからない」

「調が無ければ意味がわからない」

そんなのは使われてる手法にしか
耳が向いていない、
もったいない聴き方です。

耳を向けたいのはその形式や手法で
何が描かれているのか。

あえて調性を感じさせない
音の並びを使うのはなぜか、

拍子を変化させるのは
何の目的があったのか、

せっかくならそんなことに
耳を澄ましたいものですね。

新着記事を見逃したくない方は
メール講座
〜スキマ時間で確実に上達する〜
【管楽器プレーヤーのための練習テクニック】
に読者登録するとメールで受け取れます。

この機会にぜひどうぞ♪

お名前(姓名)
 
メールアドレス
受信形式
HTMLメール
文字メール
※ezweb、docomoとガラケーは
文字化けしてしまいますので、
文字メールを選択してください。
メール講座

受信形式

HTMLメール

文字メール

-アナリーゼ, コミュニケーション, ソルフェージュ, 思考と心, 音楽理論

© 2020 聴く耳育成メソッド