有吉 尚子

有吉 尚子

クラリネット奏者。 栃木県日光市出身。 都立井草高等学校卒業。2007年洗足学園音楽大学卒業。2009年同大学院修了。 クラリネットを大浦綾子、高橋知己、千葉直師の各氏に、室内楽を平澤匡朗、板倉康明、岡田伸夫の各氏に師事。 ミシェル・アリニョン、ポール・メイエ、アレッサンドロ・カルボナーレ、ピーター・シュミードルの各氏の公開レッスンを、バスクラリネットにてサウロ・ベルティ氏の公開レッスンを受講。 受講料全額助成を受けロシア国立モスクワ音楽院マスタークラスを修了。 及川音楽事務所第21回新人オーディション合格。 2010年より親子で聴ける解説付きのコンサ-ト「CLARINET CLASSICS」~クラシック音楽の聴き方~をシリーズで行う。 2015年、東京にてソロ・リサイタルを開催。 オーケストラやアンサンブルまたソロで演奏活動を行っている。 また、ソルフェージュや音楽理論、アレクサンダーテクニークなどのレッスンや執筆、コンクール審査などの活動も行っている。 音楽教室N music salon 主宰。

感じたように演奏するには

2021/3/31  

楽しい曲を演奏するときや悲しい曲を演奏するとき、他にも描き出したい作品の表情というのは色々ありますが、それはどうやって表現しますか? はたして楽しい気分で演奏すれば楽しい演奏になるでしょうか。 たとえ ...

「楽しく演奏する」は逃げ

2021/4/1  

本番前の舞台袖、緊張してるしワクワクソワソワしてる。 そんなとき、「楽しく演奏してきます!」なんてつい口にしてはいませんか? 本番前につい言いがちな言葉ですが、実はパフォーマンスの質を落としてしまうこ ...

緊張して走って自滅してませんか?

2021/3/25  

本番のときのドキドキについての話題が続いています。 これって火事場の馬鹿力の使い方だと思うのです。 雨が降ってきたときにサザエさんが洗濯物に紛れてぶら下がってるカツオくんを物干し竿ごと持ち上げられるの ...

緊張する本番の前にやりたい7ステップ

2021/3/25  

とある大きな本番のときにきっとドキドキするだろうと思って練習でもそれを想定したドキドキ対処法を練習していたことがありました。 先日の記事でご紹介した 「ジュリアードで実践している演奏者の必勝メンタルト ...

なぜ楽典をやった方が良いのか3つの理由

2021/3/24  

やっぱり楽典ってやった方が良いのかなあ・・ と思いながら何年も着手できない楽典。 漠然と「なんとなく良さそう」とは思っても実際にどう役に立つのかわからなければただめんどくさいだけ。 いつまで経ってもや ...

ジュリアードで実践している演奏者の必勝メンタルトレーニング

2021/3/25  

演奏者の心のトレーニングって指や呼吸などフィジカル面、読譜や解釈など音楽面の準備と同等またはそれ以上に大切だなとすごく感じるこの頃。 かといって演奏家の専門のメンタルトレーニングコーチなんてあまり聞い ...

できる人の振る舞い

2021/3/17  

これは音楽に限らずですが優秀な人や仕事のできる人って独特の落ち着いた雰囲気を感じさせる気がしませんか? 言動や表情がいつもきちんとコントロールされていて無闇にだらしない振る舞いをせず心も仕事のスキルも ...

オペラを10日間で譜読みした方法

2021/3/10  

家では音出しできない、家族がいて静かにしなきゃ、遅い時間しか帰宅できないし、など音出しできる場所がなくても練習したい気持ちを抱えて日々モヤモヤしていませんか? 有吉尚子です。こんにちは! そんな上手く ...

ドキドキして「どうしよう」と思ったときに

2021/3/9  

ずっと準備してきた大切な本番、なんとか成功させたいしつまらないミスはしたくない。 そんなときほど普段はやらない変なトラブルがおきてしまう、きっとそんな経験はありますよね。 有吉尚子です。こんにちは! ...

あれこれ気になって演奏に集中できないとき

2021/4/12  

緊張してないのは余裕があるから? 本番中に干してきた洗濯物が雨にあってないか心配になったり打ち上げのことをきにしたり、突然演奏に関係ないことが頭に浮かんでくる瞬間ってないでしょうか。 そんな違うことを ...

© 2021 聴く耳育成メソッド