楽器練習効率化ガイドブック

練習していて
いつも同じところで引っかかる
原因について先日書きました。

今回はなぜかいつも違うことろで
引っかかってしまうのはなぜなのか
考えてみたいと思います。

有吉尚子です。こんにちは!

まず前提として、
当然ながら引っかかるのには
色んな理由があるので
一概に言えるものではありません。

その上で多いことのひとつは
楽譜をよく見ていないで
指任せ運任せにしてる場合。

音をちゃんと認識していなかったら
出来たとしてもまぐれですね。

もう一つは注意するポイントが
毎回変わってしまう場合。

一箇所の難所を集中力を持って
無事に通過することが出来ました。

次に出てくるプチ難所のことは
忘れていました。

というパターンですね。

一箇所気をつけたらホッとして
それ以外の箇所で
何も意図が無くなっていたり
というのもありがちなこと
かもしれません。

そして今引っかかったところに
注意してもう一回やったら
さっき上手く行った難所が
おかしくなってしまった、
なんてことも。

「ここは注意しなくちゃ!」
というのを記憶だけに頼っていると
特に印象的な注意ポイントは
覚えていても他があいまいに
なってしまいがちなんですよね。

それじゃあ
「ここではこれを思い出す!」
なんて決意をしたとしても
必ず思い出せるとは限りません。

そんな場合は楽譜にわかりやすく
「すぐにまた注意したいポイントが
出てきているぞ!」
メモしておくのが役に立ちます。

目で見てパッと思い出せるように
なっていたら「あ、忘れてた」
なんてことは減っていくでしょう。

いつも違う場所で間違えるのには
注意を向ける箇所が決まっていない
というのが結構ありがちなんです。

自分の記憶力を過信していることが
原因のひとつと言えるのかも
しれませんね。

メモすること、使えそうだったら
ぜひやってみて下さいね!

もっと色々詳しく知りたいよ!
という方はメール講座
〜スキマ時間で確実に上達する〜
【管楽器プレーヤーのための練習テクニック】
が無料でご購読いただけます。

この機会にぜひどうぞ♪

お名前(姓名)
 
メールアドレス
受信形式
HTMLメール
文字メール
※ezweb、docomoとガラケーは
文字化けしてしまいますので、
文字メールを選択してください。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。