アレクサンダー・テクニーク コミュニケーション レッスン 思考と心

機会を無駄にする話の聞き方

Pocket

レッスンで講師が言っていることを「うん、知ってる。そうだよね」なんて思うことはありますか?

勉強熱心な方なら知っていることはきっとたくさんあるでしょうね。

そんな中で新しい情報に触れた時、「自分の知ってることの違う表現」として無意識にこじつけてしまうなんてことは無いでしょうか。

例えばアレクサンダーテクニークのレッスンでありがちな例にこんなパターンがあります。

姿勢について一家言お持ちの方がレッスンを受けにいらした場合、腰や腕や足などで色んな動きを試してみて良い音が出る動き方を見つけて「やっぱりこの角度ですよね!」というようなとき。

実際にレッスンを経験した方はおわかりでしょうが、アレクサンダー・テクニーク教師は特定の姿勢をすすめたり決まった角度を教えたりはしないものです。

アレクサンダー・テクニークのレッスンというのは、動き方の選択肢を増やすために動きのバリエーションを提案をするものだから。

これを「この角度が良いって教わった!」というのは勘違いなんですね。

まさに自分が知っている、姿勢というのは固定化出来るもので決まった角度や身体の状態を目指すものだ、という思い込みを肯定するためにレッスン内容を歪めて解釈してしまった例です。

新しいことを学ぶチャンスなのにそこでわざわざ古い知識の確認をするのはせっかくの機会がもったいないですよね。

新しい情報に触れたときについつい自分の知ってる概念の中で解釈したくなるのは自然なこと。

とはいえ新しいことを自分が知ってることに関連付けてわかろうとするのは、世界を狭くする事かもしれません。

知ってることの裏付けとして解釈するだけでなく、時にはただそこから何を感じるか、どんな印象を受けるのかに心をひらいてみるのも良いかもしれません。

新しい発見や気付きって意外に知ってると思ってたことの中に潜んでいることも多いんですよ!

メール講座では演奏に必要なスキルについてさらに詳しく毎日無料でお届けしています。ぜひ読者登録してくださいね!
完全無料

受信形式

HTMLメール

文字メール

  • この記事を書いた人
有吉 尚子

有吉 尚子

クラリネット奏者。 栃木県日光市出身。 都立井草高等学校卒業。2007年洗足学園音楽大学卒業。2009年同大学院修了。 クラリネットを大浦綾子、高橋知己、千葉直師の各氏に、室内楽を平澤匡朗、板倉康明、岡田伸夫の各氏に師事。 ミシェル・アリニョン、ポール・メイエ、アレッサンドロ・カルボナーレ、ピーター・シュミードルの各氏の公開レッスンを、バスクラリネットにてサウロ・ベルティ氏の公開レッスンを受講。 受講料全額助成を受けロシア国立モスクワ音楽院マスタークラスを修了。 及川音楽事務所第21回新人オーディション合格。 2010年より親子で聴ける解説付きのコンサ-ト「CLARINET CLASSICS」~クラシック音楽の聴き方~をシリーズで行う。 2015年、東京にてソロ・リサイタルを開催。 オーケストラやアンサンブルまたソロで演奏活動を行っている。 また、ソルフェージュや音楽理論、アレクサンダーテクニークなどのレッスンや執筆、コンクール審査などの活動も行っている。 音楽教室N music salon 主宰。

-アレクサンダー・テクニーク, コミュニケーション, レッスン, 思考と心

© 2021 聴く耳育成メソッド