楽器練習効率化ガイドブック

有吉尚子です。こんにちは!

楽典を一緒に読んでみましょう!
のシリーズ、
前回からずいぶん間があいて
しまいましたが今回は
p.131の「その他の音階」から
見て行きましょう!

ここでは長調・短調以外の音階を
解説しています。

調性ではない特殊な雰囲気を作る
音の並び方あれこれの紹介です。

まったく覚えなくてもいいし
理解できなくても大丈夫。

「ふーん、そんなのあるのね」
と思っていただければ充分です。

では実際見て行きましょう。

ハーモニーが出現する前は音楽は
旋律が中心のものだったんですね。

そんな昔の時代から使われている
スケールが何種類かあるんです。

音階に含まれる音が私達が普段使う
長調や短調と違うところがあって、
それが独特な雰囲気を作って
いるんですね。

大きくわけると

・隣あった音の同士の間隔
(長短増減)の並びが違うもの

・音階に含まれる音の数が違うもの

この2パターンでしょうか。

まず最初に紹介されている
教会旋法

これはチャーチモードとか
単にモードとか言われたりします。

ジャズやポピュラーのプレーヤーが
良く使う特徴的な音階ですね。

色んな種類があることは
p.132を見るとわかります。

覚えなくても大丈夫ですが
これは正格の方がよく使われる
というイメージを私は持ってます。

音の並び方がそれぞれ違うんですが
実はダルクローズスケール
知っていると把握するのにも
アレンジやアドリブで使うのにも
便利なんですね。

というのはそれぞれの音階が
長音階の主音からの数字で表すと
こんな構造になっているから。

イオニア
12345671

ドリア
23456712

フリギア
34567123

リディア
45671234

ミクソリディア
56712345

エオリア
67123456

ロクリアン
71234567

そして各音階の一番始めの音
中心になっていて戻って来たい先。

はて。

こんがらがってきたぞ・・
と思っちゃいそうですね。

つまりこの数字の3と4、7と1
は半音でその他は全音でしたね。

その通りの音の間隔で並べると
チャーチモードが簡単に
できちゃうわけです。

もうひとつの考え方は
ピアノの白鍵だけを弾く場合。

イオニア
ドレミファソラシド

ドリア
レミファソラシドレ

フリギア
ミファソラシドレミ

リディア
ファソラシドレミファ

ミクソリディア
ソラシドレミファソ

エオリア
ラシドレミファソラ

ロクリアン
シドレミファソラシ

となります。

白鍵じゃないところから弾くなら
または鍵盤以外の楽器でやるなら
ダルクローズスケールを
思い浮かべると簡単です。

音を出してみるとわかりますが
それぞれ特徴的な響きで、
特にフリギアは闘牛のような
雰囲気が面白いですね。

アルフレッド・リード作曲の
エル・カミーノ・レアル
このフリギアが使われてるんです。

その他全音音階や民族的な
色んな音階が紹介されてます。

五音音階はペンタトニック
なんて呼ばれ方もしますね。

また日本の音階だけでも
さくらさくらっぽいのとか
日本昔話っぽいのとか
雰囲気の違うのが色々ありますね。

その色々はなんとなく
「そういうのがあるのねー」
と思うだけで充分です。

ここでは覚えるのではなく
「なんだっけ?」と思ったときに
どこを探せばわかるか知ってる
というのが大切。

その他この楽典の本には
書かれていませんが
琉球音階とかブルーススケール
なんかも色んな作品で登場します。

普段長短の音階に慣れている人が
予想外の音が出てきたな、
と思ったらそれはモードを使った
曲な可能性がありますね。

ぜひ音を出して聴きながら
調性以外の世界を
味わってみてくださいね!

もっと色々詳しく知りたいよ!
という方はメール講座
〜スキマ時間で確実に上達する〜
【管楽器プレーヤーのための練習テクニック】
が無料でご購読いただけます。

この機会にぜひどうぞ♪

お名前(姓名)
 
メールアドレス
受信形式
HTMLメール
文字メール
※ezweb、docomoとガラケーは
文字化けしてしまいますので、
文字メールを選択してください。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。