アナリーゼ ソルフェージュ 音楽理論

調を見分ける方法

Pocket

有吉尚子です。こんにちは!

楽典を一緒に読んでみましょう!のシリーズ、今回はp.119の「調の判定」から行きましょう。

楽典の本を購入したい方はこちらからどうぞ
▼▼▼

まず最初に書いてあるのは調号が変わっていなくても臨時記号で転調が書かれることもありますよってことですね。

p.120のはじめのa,b,cは調を判断するためにぜひ前提として知っておきたいことが挙げられています。

a.はシャープやフラットが付いても付かなくても、音階にある音と飾りで上げ下げされた音を区別できることが必要ってことです。

b.は楽器無しで音がイメージできるソルフェージュ力を付けましょう!ってこと。

c.は見たまま、和音の組み合わせの規則を知りましょうってことです。

その後は音階にある音なのか飾りで上げ下げされた音なのかを区別する時の判断基準がいくつか並べられています。

解説が丁寧で親切な本ですね。

1)にある跳躍進行というのはつまり離れた音ってことです。

具体的には増2度以上離れた音のことですね。

ただし短調の6番目から7番目の音に行くときは和声的短音階なら増2度離れます。

だからそれだけは例外なんですね。

2)は3)と4)を踏まえてのことなんですが、飾りで半音下げられたらその次はさらに下っていくし、飾りで半音上げられた音はその次はさらに上がっていくもの
なので、上りも下りも変わらなければ音階に本来ある音なんだと判断できるということ。

次のページに進んでp.122の5)は短調の7番目の音(導音)は主音まで半音の関係になるよう臨時記号が付けられているのが音階本来の音として扱われます。

なのでそれが導音として半音上げられていなければ臨時に飾りで半音下った音ということになるんです。

だから上行したり跳躍したりはできないってことなんですね。

6)からの例外についてはまた次の機会に触れていきます。

実際自分で読んでみるほど難しそうだとか苦手だとかの抵抗感は減っていくのでぜひ何度か繰り返し読み返してみてくださいね!

メール講座では演奏に必要なスキルについてさらに詳しく毎日無料でお届けしています。ぜひ読者登録してくださいね!
完全無料

受信形式

HTMLメール

文字メール

  • この記事を書いた人

有吉 尚子

クラリネット奏者。 栃木県日光市出身。 都立井草高等学校卒業。2007年洗足学園音楽大学卒業。2009年同大学院修了。 クラリネットを大浦綾子、高橋知己、千葉直師の各氏に、室内楽を平澤匡朗、板倉康明、岡田伸夫の各氏に師事。 ミシェル・アリニョン、ポール・メイエ、アレッサンドロ・カルボナーレ、ピーター・シュミードルの各氏の公開レッスンを、バスクラリネットにてサウロ・ベルティ氏の公開レッスンを受講。 受講料全額助成を受けロシア国立モスクワ音楽院マスタークラスを修了。 及川音楽事務所第21回新人オーディション合格。 2010年より親子で聴ける解説付きのコンサ-ト「CLARINET CLASSICS」~クラシック音楽の聴き方~をシリーズで行う。 2015年、東京にてソロ・リサイタルを開催。 オーケストラやアンサンブルまたソロで演奏活動を行っている。 また、ソルフェージュや音楽理論、アレクサンダーテクニークなどのレッスンや執筆、コンクール審査などの活動も行っている。 音楽教室N music salon 主宰。

-アナリーゼ, ソルフェージュ, 音楽理論

© 2021 聴く耳育成メソッド