アナリーゼ ソルフェージュ 音楽理論

調を見分ける方法

有吉尚子です。こんにちは!

楽典を一緒に読んでみましょう!
のシリーズ、今回はp.119の
「調の判定」から行きましょう。

まず最初に書いてあるのは
調号が変わっていなくても
臨時記号で転調が書かれることも
ありますよってことですね。

p.120のはじめのa,b,cは
調を判断するためにぜひ前提として
知っておきたいことが
挙げられています。

a.はシャープやフラットが付いても
付かなくても、音階にある音と
飾りで上げ下げされた音を区別
できることが必要ってことです。

b.は楽器無しで音がイメージできる
ソルフェージュ力を付けましょう!
ってこと。

c.は見たまま、和音の組み合わせの
規則を知りましょうってことです。

その後は音階にある音なのか
飾りで上げ下げされた音なのかを
区別する時の判断基準が
いくつか並べられています。

解説が丁寧で親切な本ですね。

1)にある跳躍進行というのは
つまり離れた音ってことです。

具体的には増2度以上離れた音の
ことですね。

ただし短調の6番目から
7番目の音に行くときは
和声的短音階なら増2度離れます。

だからそれだけは例外なんですね。

2)は3)と4)を踏まえてのこと
なんですが、
飾りで半音下げられたら
その次はさらに下っていくし、
飾りで半音上げられた音は
その次はさらに上がっていくもの
なので、
上りも下りも変わらなければ
音階に本来ある音なんだ
判断できるということ。

次のページに進んでp.122の
5)は短調の7番目の音(導音)は
主音まで半音の関係になるよう
臨時記号が付けられているのが
音階本来の音として扱われます。

なのでそれが導音として
半音上げられていなければ
臨時に飾りで半音下った音という
ことになるんです。

だから上行したり跳躍したりは
できないってことなんですね。

6)からの例外については
また次の機会に触れていきます。

実際自分で読んでみるほど
難しそうだとか苦手だとかの
抵抗感は減っていくので
ぜひ何度か繰り返し
読み返してみてくださいね!

もっと色々詳しく知りたいよ!
という方はメール講座
〜スキマ時間で確実に上達する〜
【管楽器プレーヤーのための練習テクニック】
が無料でご購読いただけます。

この機会にぜひどうぞ♪

お名前(姓名)
 
メールアドレス
受信形式
HTMLメール
文字メール
※ezweb、docomoとガラケーは
文字化けしてしまいますので、
文字メールを選択してください。
メール講座

受信形式

HTMLメール

文字メール

-アナリーゼ, ソルフェージュ, 音楽理論

© 2020 聴く耳育成メソッド