ソルフェージュ 練習

無音で出来るテンポキープの練習

Pocket

以前ご紹介した時計で出来るテンポキープの練習、やってみましたか?

有吉尚子です。こんにちは!

「もう忘れちゃったよ!」という方はこちらから。

今回はちょっと進んでもう少し難しいのを試してみましょう!

必要なのはカチカチの秒針がある時計。

デジタル時計でもストップウォッチでも秒がわかればなんでもいいですよ。

前回は秒針と同じテンポ60でカウントしてみましたが、今度は少しゆっくりのテンポにしてみましょう。

16秒間時計を見ながら2秒に一回指先や頷きなど身体のどこかで8拍分カウントします。テンポは60の半分なので30ですね。

それを「1と、2と・・」ではなく「1・・2・・」と細かくせずに大きく数えます。

「1と、2と・・」では60でカウントしているのと同じになってしまいますから。

慣れてきたら時計から目を外して自分で「1・・2・・」と2拍数えてみます。

その後時計に目を戻して確認。

ぴったり合っているでしょうか。

速いテンポになるよりゆっくりになる方がずっと難しいと思います。

2拍ができたら4拍、6拍、8拍とだんだん伸ばしていきましょう。

2秒で1拍のテンポ30ができたら3秒で1拍のさらにゆっくりなテンポでもチャレンジしてみましょう。

ゆっくりになったときにいつも走りがちになってしまうという方には必要な「間」をとるいい練習になります。

これをやるときについ「1と2と3と・・」なんて細かくカウントしたくなりますが、それだと全く意味がないので注意してみましょう。

お茶を飲みながらでも電車の中でも出来るので是非やってみてくださいね!

メール講座では演奏に必要なスキルについてさらに詳しく毎日無料でお届けしています。ぜひ読者登録してくださいね!
完全無料

受信形式

HTMLメール

文字メール

  • この記事を書いた人
有吉 尚子

有吉 尚子

クラリネット奏者。 栃木県日光市出身。 都立井草高等学校卒業。2007年洗足学園音楽大学卒業。2009年同大学院修了。 クラリネットを大浦綾子、高橋知己、千葉直師の各氏に、室内楽を平澤匡朗、板倉康明、岡田伸夫の各氏に師事。 ミシェル・アリニョン、ポール・メイエ、アレッサンドロ・カルボナーレ、ピーター・シュミードルの各氏の公開レッスンを、バスクラリネットにてサウロ・ベルティ氏の公開レッスンを受講。 受講料全額助成を受けロシア国立モスクワ音楽院マスタークラスを修了。 及川音楽事務所第21回新人オーディション合格。 2010年より親子で聴ける解説付きのコンサ-ト「CLARINET CLASSICS」~クラシック音楽の聴き方~をシリーズで行う。 2015年、東京にてソロ・リサイタルを開催。 オーケストラやアンサンブルまたソロで演奏活動を行っている。 また、ソルフェージュや音楽理論、アレクサンダーテクニークなどのレッスンや執筆、コンクール審査などの活動も行っている。 音楽教室N music salon 主宰。

-ソルフェージュ, 練習

© 2021 聴く耳育成メソッド