アレクサンダー・テクニーク コミュニケーション 思考と心 本番 練習

浮気してない証拠を見つけられますか?

Pocket

有吉尚子です。こんにちは!

わたしたちは普段、無意識で情報の取捨選択をしているそうです。

必要なことは目につくし、必要でないことは見えていても気が付かないようです。

必要なことっていうのは、その人が求めてることですね。

たとえば。

どこも悪くない健康な人にどこか痛いところはありませんか?本当にありませんか?何かあるんじゃないですか?としつこく訊いてみると大抵「そういわれてみればお腹のはしっこが少し…」「髪の毛の一部がちょっとだけ引っ張られてるかも…?」などそれまで気になっていなかった些細な痛みを発見します。

逆に身体の中でラクなのはどこですか?それはどれくらいのラクさですか?と聞かれると、ラクな部分をたくさん見つけ出し、もしも少し感じていた緊張があっても「探してるラクさ」に溶け込んでいったりします。

これはアレクサンダー・テクニーク教師のミオ・モラレスさんが使っていた緊張をほどきラクさを拡大するテクニックです。

もうひとつたとえば、付き合ってる彼が浮気をしてるかもしれない!と信じ込んで相手を観察していると浮気の証拠としか思えないことをたくさん発見します。(メールの返事が少し遅いかもとか、普段なら気にならないことを)

この場合、浮気してない証拠は特に出てこないので(無罪の証明って難しいですよね)自分が探していた「やっぱり浮気してる!」という結論にたどり着いたとして、でもそれはどの角度から見ても確定的な真実ではなかったりしますよね。

反対に、何も疑ってなんていない場合、視界には入ってるはずの部屋に落ちてる長い髪の毛に気付かないかまったく注意を払わなかったりもします。

本人が本心で何を見たいか、それがその人が見付けるものを決めるのだそうです。

同じことで奏法で誰かに何か指摘されたことがあっても、自分が気にしていたことでないと言われてることがスッと理解できなかったりしますし、自分が気にしていることに対するアドバイスや情報はその有効無効にかかわらずアンテナに引っ掛かってきます。

では、本番で演奏しているときに(後で練習し直すためでなく)本当に見付けたいのは、なんでしょうか。

うまくいってない部分?

上手に呼吸ができているかどうか?

聴衆が退屈しているかどうか?

自分が楽しんでいるかどうか?

それとも音楽そのものの魅力?

何のために音楽をするのか、それを自分に問い直して、思考を選ぶ余裕の無いときに何を考えたいかをあらかじめはっきりさせておくのも練習のひとつですね!

メール講座では演奏に必要なスキルについてさらに詳しく毎日無料でお届けしています。ぜひ読者登録してくださいね!
完全無料

受信形式

HTMLメール

文字メール

  • この記事を書いた人
有吉 尚子

有吉 尚子

クラリネット奏者。 栃木県日光市出身。 都立井草高等学校卒業。2007年洗足学園音楽大学卒業。2009年同大学院修了。 クラリネットを大浦綾子、高橋知己、千葉直師の各氏に、室内楽を平澤匡朗、板倉康明、岡田伸夫の各氏に師事。 ミシェル・アリニョン、ポール・メイエ、アレッサンドロ・カルボナーレ、ピーター・シュミードルの各氏の公開レッスンを、バスクラリネットにてサウロ・ベルティ氏の公開レッスンを受講。 受講料全額助成を受けロシア国立モスクワ音楽院マスタークラスを修了。 及川音楽事務所第21回新人オーディション合格。 2010年より親子で聴ける解説付きのコンサ-ト「CLARINET CLASSICS」~クラシック音楽の聴き方~をシリーズで行う。 2015年、東京にてソロ・リサイタルを開催。 オーケストラやアンサンブルまたソロで演奏活動を行っている。 また、ソルフェージュや音楽理論、アレクサンダーテクニークなどのレッスンや執筆、コンクール審査などの活動も行っている。 音楽教室N music salon 主宰。

-アレクサンダー・テクニーク, コミュニケーション, 思考と心, 本番, 練習

© 2021 聴く耳育成メソッド