アナリーゼ アレクサンダー・テクニーク ソルフェージュ レッスン 思考と心 音楽理論

綺麗な音を出したいですか?

綺麗な音、出したいですか?

演奏している方なら持っている
ことの多い欲求の一つですね。

綺麗な音ってどうやったら
出せるんでしょうか。

有吉尚子です。こんにちは!

先日
「綺麗な音を出すには
どうしたらいいですか?」
というご質問をいただきました。

%e3%83%80%e3%82%a6%e3%83%b3%e3%83%ad%e3%83%bc%e3%83%89-3

共通のお悩みを持った方も
少なくないでしょうから
せっかくなのでみなさんにシェア
したいと思います。

よく回答される内容に

「綺麗な音をたくさん
聴きましょう」

とか

「色んな音を聴いて出したい
音の理想を持ちましょう」

なんてことがあります。

またはすぐに
「こんな仕掛けを使って、
こんなアンブシュアで・・」
なんて技術的なアドバイスを
する方も中には
いるかもしれませんね。

どれも別に間違いではなく、
その通りだと思います。

そこに付け加えられるアイデア
として尋ねたいことに

「綺麗な音って具体的には
どんな音のことでしょうか?」

という質問があります。

ひとことでキレイと言っても
大きくて柔らかい音だったり
キラキラした華やかな音だったり
ふんわりした囁くような音だったり
色々ありますよね。

それってその中のひとつの
イメージの音が出せれば他の
表情には用がないから
できなくても別にいい、
なんてことはありませんね。

ろうそくの明かりが揺れるのを
眺めてる深夜の場面で
アルプスの山で鳴り響くような
音が聞こえたら、
どんなに美しいホルンの音だって
「空気が読めてない音」
なってしまいます。

場面を考えずにとにかく手持ちの
技術を披露するなんてことは
女はみんなスイーツ好きだろう!
なんて決め込んで甘いものが
苦手な女性にケーキをあげる、
なんていう相手を見ていない
プレゼントとも似てる
かもしれませんね。

出したい綺麗な音はどんな場面で
どんな風に出したい音なのか、
それがまず最初に必要です。

「どこでどんな風に必要かは
全然わからないけど
とにかく綺麗な音」
なんてわけがわかりませんから。

そして音楽には綺麗な場面だけ
ではなく激しい場面や悲しい場面、
他にも暖かい、冷たい、色んな
表情が出てきますから
必要なのは美しさだけではない
ということも忘れないでいたい
ポイントの一つですね。

もっと色々詳しく知りたいよ!
という方はメール講座
〜スキマ時間で確実に上達する〜
【管楽器プレーヤーのための練習テクニック】
が無料でご購読いただけます。

この機会にぜひどうぞ♪

お名前(姓名)
 
メールアドレス
受信形式
HTMLメール
文字メール
※ezweb、docomoとガラケーは
文字化けしてしまいますので、
文字メールを選択してください。
メール講座

受信形式

HTMLメール

文字メール

-アナリーゼ, アレクサンダー・テクニーク, ソルフェージュ, レッスン, 思考と心, 音楽理論

© 2020 聴く耳育成メソッド