アナリーゼ アレクサンダー・テクニーク ソルフェージュ レッスン 思考と心 音楽理論

綺麗な音を出したいですか?

Pocket

綺麗な音、出したいですか?

演奏している方なら持っていることの多い欲求の一つですね。

綺麗な音ってどうやったら出せるんでしょうか。

有吉尚子です。こんにちは!

先日「綺麗な音を出すにはどうしたらいいですか?」というご質問をいただきました。

%e3%83%80%e3%82%a6%e3%83%b3%e3%83%ad%e3%83%bc%e3%83%89-3

共通のお悩みを持った方も少なくないでしょうからせっかくなのでみなさんにシェアしたいと思います。

よく回答される内容に

「綺麗な音をたくさん聴きましょう」

とか

「色んな音を聴いて出したい音の理想を持ちましょう」

なんてことがあります。

またはすぐに「こんな仕掛けを使って、こんなアンブシュアで・・」なんて技術的なアドバイスをする方も中にはいるかもしれませんね。

どれも別に間違いではなく、その通りだと思います。

そこに付け加えられるアイデアとして尋ねたいことに

「綺麗な音って具体的にはどんな音のことでしょうか?」

という質問があります。

ひとことでキレイと言っても大きくて柔らかい音だったりキラキラした華やかな音だったりふんわりした囁くような音だったり色々ありますよね。

それってその中のひとつのイメージの音が出せれば他の表情には用がないからできなくても別にいい、なんてことはありませんね。

ろうそくの明かりが揺れるのを眺めてる深夜の場面でアルプスの山で鳴り響くような音が聞こえたら、どんなに美しいホルンの音だって「空気が読めてない音」になってしまいます。

場面を考えずにとにかく手持ちの技術を披露するなんてことは女はみんなスイーツ好きだろう!なんて決め込んで甘いものが苦手な女性にケーキをあげる、なんていう相手を見ていないプレゼントとも似てるかもしれませんね。

出したい綺麗な音はどんな場面でどんな風に出したい音なのか、それがまず最初に必要です。

「どこでどんな風に必要かは全然わからないけどとにかく綺麗な音」なんてわけがわかりませんから。

そして音楽には綺麗な場面だけではなく激しい場面や悲しい場面、他にも暖かい、冷たい、色んな表情が出てきますから必要なのは美しさだけではないということも忘れないでいたいポイントの一つですね。

メール講座では演奏に必要なスキルについてさらに詳しく毎日無料でお届けしています。ぜひ読者登録してくださいね!
完全無料

受信形式

HTMLメール

文字メール

  • この記事を書いた人

有吉 尚子

1982年栃木県日光市(旧今市市)生まれ。小学校吹奏楽部にてクラリネットに出会い、高校卒業後19才までアマチュアとして活動する。20才のときに在学していた東京家政大学を中退し音大受験を決意。2003年洗足学園音楽大学入学。在学中から演奏活動を開始。 オーケストラや吹奏楽のほか、CDレコーディング、イベント演奏、テレビドラマBGM、ゲームのサウンドトラック収録など活動の幅を広げ2009年に洗足学園音楽大学大学院を修了。受講料全額助成を受けロシア国立モスクワ音楽院マスタークラスを修了。  及川音楽事務所第21回新人オーディション合格の他、コンクール・オーディション等受賞歴多数。 NHK「歌謡コンサート」、TBSテレビドラマ「オレンジデイズ」、ゲーム「La Corda d'Oro(金色のコルダ)」ほか出演・収録多数。 これまでに出演は1000件以上、レパートリーは500曲以上にのぼる。 レッスンや講座は【熱意あるアマチュア奏者に専門知識を学ぶ場を提供したい!】というコンセプトで行っており、「楽典は読んだことがない」「ソルフェージュって言葉を初めて聞いた」というアマチュア奏者でもゼロから楽しく学べ、確かな耳と演奏力を身につけられると好評を博している。 これまでに延べ1000名以上が受講。発行する楽器練習法メルマガ読者は累計5000名以上。 「ザ・クラリネット」(アルソ出版)、吹奏楽・管打楽器に関するニュース・情報サイト「Wind Band  Press」などに記事を寄稿。 現在オーケストラやアンサンブルまたソロで演奏活動のほか、レッスンや執筆、コンクール審査などの活動も行っている。 BODYCHANCE認定アレクサンダーテクニーク教師。 日本ソルフェージュ研究協議会会員。音楽教室N music salon 主宰。

-アナリーゼ, アレクサンダー・テクニーク, ソルフェージュ, レッスン, 思考と心, 音楽理論

© 2021 聴く耳育成®メソッド