コミュニケーション ソルフェージュ 合奏・アンサンブル

自分の音が聴こえないとき

ハーモニーの中でキレイに音程を
合わせようとしていると、
しっかり吹いているのに
ふと自分の音が聴こえないような
気がする瞬間が出てくることって
ありますか?

有吉尚子です。こんばんは!

このときに
「あれ?きこえない?」
と思って聞こえるようにする必要は
特にないかもしれません。

なぜかというと、
自分の音がハーモニーの中から
浮き出て聴こえるときというのは
音程か音量のバランスが崩れて
自分だけ合っていないときだから。

こういうハーモニーの音程的な
居場所や音量のバランスは
声で合わせてみると
すごくよくわかるんですが、
キレイにピッタリはまってるとき
というのは自分の音は
周りの音と混ざりあって
溶け込んでいるんですね。

考えてみると、
伴奏の音程でロングトーンを
しているときと「ここぞ」という
ソロフレーズを吹くときは
吹き方を変えますよね。

それは溶け込ませようとする奏法と
浮き立たせようとする奏法の違いを
コントロールしているんです。

ハーモニーの中にいたいとき、
自分の音が溶け込んで沈んだように
感じたとしても大きくしたり
音程を高めにしたりなんて
必要はないってこと知っておくと
アンサンブルのときの不安が
少なくなるかもしれませんね。

こんな記事が毎日届くメール講座
〜スキマ時間で確実に上達する〜
【管楽器プレーヤーのための練習テクニック】
は無料でお読みいただけます。

この機会にぜひどうぞ♪

お名前(姓名)
 
メールアドレス
受信形式
HTMLメール
文字メール
※ezweb、docomoとガラケーは
文字化けしてしまいますので、
文字メールを選択してください。
メール講座

受信形式

HTMLメール

文字メール

-コミュニケーション, ソルフェージュ, 合奏・アンサンブル

© 2020 聴く耳育成メソッド