アレクサンダー・テクニーク コミュニケーション レッスン 思考と心 本番

本番の何が怖いのか

前回の記事では
普段と違う本番でのみ出てくる
思考のひとつとして
「音を出すのが怖い」
なんていうのがあるのでは、
というお話でしたね。

有吉尚子です。こんにちは!

大切な本番ほどよく考えてしまう
言ってしまえばありがちな思考
「音を出すのが怖い」
は、どこから来るのでしょうか。

たとえば音を出したことで
マイナスになることって
どんなことが思い付くでしょうか。

「ミスをしたら睨まれる」
「下手だと思われる」

20160921_011212

人によって違うでしょうが
例えばこんな思考が
あるかもしれません。

何かこれが気になるということが
出てきたらそれをさらに
掘り下げてみます。

それによって起こりうる
さらに悪いことには
何があるだろう?

「仲間に嫌われてしまうかも」
「もう一緒にやって
もらえないかも」
専門家であれば
「仕事に呼ばれなくなって
生きていけなくなるかも」
なんてこともあるかも
しれませんね。

掘り下げ切ったなと思ったら
次のステップです。

最悪のことになったとして、
それに対して今のあなたは
どんな対処ができますか?
と自分に尋ねてみましょう。

「嫌われてしまっても誠実に
向き合えば関係の修復は可能だ」

「もう一緒にやってもらえなく
なったら別の仲間を探そう」

「仕事がなくったらアルバイトを
すれば生きていける」

などなど、些細なことでも
くだらないと思わず具体的に
出来る限りたくさん
可能な対処法を書き出してみます。

最悪の事態になったとしても
意外に大丈夫なことがわかるの
ではないでしょうか。

気になって避けようとしてることは
漠然とした恐怖感であるより
具体的で対処可能な懸念事項
ある方が、とっさの反応が必要な
場面で対処しやすくなるものです。

こういう思考の整理はひとりで
やるとグルグルと堂々巡りを
してしまいがちなので、
信頼できる人からのサポートの
あるときにやるのも
オススメですよ!

こんな記事が毎日届くメール講座
〜スキマ時間で確実に上達する〜
【管楽器プレーヤーのための練習テクニック】
は無料でお読みいただけます。

この機会にぜひどうぞ♪

お名前(姓名)
 
メールアドレス
受信形式
HTMLメール
文字メール
※ezweb、docomoとガラケーは
文字化けしてしまいますので、
文字メールを選択してください。
メール講座

受信形式

HTMLメール

文字メール

-アレクサンダー・テクニーク, コミュニケーション, レッスン, 思考と心, 本番

© 2020 聴く耳育成メソッド