楽器練習効率化ガイドブック

有吉尚子です。こんにちは!

何かしら楽器を演奏をする人は
繊細な心を持ってることが多いな、
とよく感じます。

他人の何気なく言ったことを
考えすぎてしまったり
指摘されたことに対して
過剰に反省してしまったり。

それが積み重なるとどんどん
できないことが増えていって
心がしまいにはがんじがらめに
なってしまうなんてこと、
ないでしょうか。

楽譜から作曲者の意図を汲み取り、
アンサンブルではお互いの様子に
注意を払い、
自分がどんな風に感じているかも
含めてそれを音にしていく作業、
繊細じゃない人にはとうてい
出来ないことだと思います。

繊細なことは悪いことでは
ありませんね。

とはいえ他人の言動の受取り方で
何か制限されてしまうのは
ありがたいことではありません。

「あの人はこう言ったから」
「この先生はこうやってたし」
「もっとこうした方が
印象が良くなるかな?」

そんな風に思って自分以外のことを
基準に言動を決めるのは
思い切ってやめてしまいましょう!

極端な例で言うなら
「その表現は好きじゃない」
なんて失礼なことを言って来た人が
あなたがどんなにその人の
気にいるように工夫したって
気に入ってくれるとは限りません。

だってそもそも趣味が違うから
そんな発言が出てくるんですから。

他人の顔色をうかがった演奏を
続けていたら自分がやりたいことが
いつの間にか消えてしまいます。

自分のやりたいことがないのに
音楽なんて出来ませんね。

あなたの人生で起きることや
感じることやりたいことなど
すべてに責任を持ってくれる人なら
言うとおりにしたっていい
かもしれませんが、
そんな人は存在しません。

日々の小さなことから人生の中の
大切なことまで、
あなたが何を選ぶかを決めるのは
誰かの責任ではなく
あなたの責任です。

他人の言動をどう受け止めて
どう反応するかも本当は
あなたが決めて良いんですよ。

ムダな批判や口出しに出会って
しまったときなんかに思い出して
いただけたらと思います。

こんな記事が毎日届くメール講座
〜スキマ時間で確実に上達する〜
【管楽器プレーヤーのための練習テクニック】
は無料でお読みいただけます。

この機会にぜひどうぞ♪

お名前(姓名)
 
メールアドレス
受信形式
HTMLメール
文字メール
※ezweb、docomoとガラケーは
文字化けしてしまいますので、
文字メールを選択してください。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。