コミュニケーション 合奏・アンサンブル 思考と心

がんじがらめにならないために

Pocket

有吉尚子です。こんにちは!

何かしら楽器を演奏をする人は繊細な心を持ってることが多いな、とよく感じます。

他人の何気なく言ったことを考えすぎてしまったり指摘されたことに対して過剰に反省してしまったり。

それが積み重なるとどんどんできないことが増えていって心がしまいにはがんじがらめになってしまうなんてこと、ないでしょうか。

楽譜から作曲者の意図を汲み取り、アンサンブルではお互いの様子に注意を払い、
自分がどんな風に感じているかも含めてそれを音にしていく作業、繊細じゃない人にはとうてい出来ないことだと思います。

繊細なことは悪いことではありませんね。

とはいえ他人の言動の受取り方で何か制限されてしまうのはありがたいことではありません。

「あの人はこう言ったから」「この先生はこうやってたし」「もっとこうした方が印象が良くなるかな?」

そんな風に思って自分以外のことを基準に言動を決めるのは思い切ってやめてしまいましょう!

極端な例で言うなら「その表現は好きじゃない」なんて失礼なことを言って来た人があなたがどんなにその人の気にいるように工夫したって気に入ってくれるとは限りません。

だってそもそも趣味が違うからそんな発言が出てくるんですから。

他人の顔色をうかがった演奏を続けていたら自分がやりたいことがいつの間にか消えてしまいます。

自分のやりたいことがないのに音楽なんて出来ませんね。

あなたの人生で起きることや感じることやりたいことなどすべてに責任を持ってくれる人なら言うとおりにしたっていいかもしれませんが、そんな人は存在しません。

日々の小さなことから人生の中の大切なことまで、あなたが何を選ぶかを決めるのは誰かの責任ではなくあなたの責任です。

他人の言動をどう受け止めてどう反応するかも本当はあなたが決めて良いんですよ。

ムダな批判や口出しに出会ってしまったときなんかに思い出していただけたらと思います。

メール講座では演奏に必要なスキルについてさらに詳しく毎日無料でお届けしています。ぜひ読者登録してくださいね!
完全無料

受信形式

HTMLメール

文字メール

  • この記事を書いた人
有吉 尚子

有吉 尚子

クラリネット奏者。 栃木県日光市出身。 都立井草高等学校卒業。2007年洗足学園音楽大学卒業。2009年同大学院修了。 クラリネットを大浦綾子、高橋知己、千葉直師の各氏に、室内楽を平澤匡朗、板倉康明、岡田伸夫の各氏に師事。 ミシェル・アリニョン、ポール・メイエ、アレッサンドロ・カルボナーレ、ピーター・シュミードルの各氏の公開レッスンを、バスクラリネットにてサウロ・ベルティ氏の公開レッスンを受講。 受講料全額助成を受けロシア国立モスクワ音楽院マスタークラスを修了。 及川音楽事務所第21回新人オーディション合格。 2010年より親子で聴ける解説付きのコンサ-ト「CLARINET CLASSICS」~クラシック音楽の聴き方~をシリーズで行う。 2015年、東京にてソロ・リサイタルを開催。 オーケストラやアンサンブルまたソロで演奏活動を行っている。 また、ソルフェージュや音楽理論、アレクサンダーテクニークなどのレッスンや執筆、コンクール審査などの活動も行っている。 音楽教室N music salon 主宰。

-コミュニケーション, 合奏・アンサンブル, 思考と心

© 2021 聴く耳育成メソッド