楽器練習効率化ガイドブック

パート練習を取りまとめたり
子供のレッスンをしたりするとき、
複雑なところをどうやったらいいか
などつい自分が教わった通りに
そのまま伝えていないでしょうか。

有吉尚子です。こんにちは!

もちろんそれは悪いことでは
ありません。

ただし、
自分が学んだり出来るように
なったりしてきた手順と
自分以外の人が身につけて行く
手順は必ずしも同じではない
ということは知っておいても
良いかもしれませんね。

例えば、
あなたは言葉で説明されたり
CDを研究したりということが
得意だったとして、
別の人は実際に目の前で演奏
されるのを目の当たりにしたら
理屈はわからなくても飲み込める、
なんて学び方のタイプの違い
人それぞれにあるものだから。

学び方は人それぞれ、
そしてついでに学びのペースだって
それぞれでいいはずですよね。

個別ではなくグループ練習の場だと
そういうそれぞれの得意不得意に
合わせて伝えるのは簡単では
ないのでやっぱり自分が
学んできたように伝えがちなのも
よくわかります。

もしも
「あれ?あまり伝わってない?」
なんて思ったときには
「自分と同じことをやったら
 同じように身につくはずだ」
なんてどこかで思ってしまって
いないか気にしてみて
別の角度から伝えることに
チャレンジするのも
良いかもしれませんね!

こんな記事が毎日届くメール講座
〜スキマ時間で確実に上達する〜
【管楽器プレーヤーのための練習テクニック】
は無料でお読みいただけます。

この機会にぜひどうぞ♪

お名前(姓名)
 
メールアドレス
受信形式
HTMLメール
文字メール
※ezweb、docomoとガラケーは
文字化けしてしまいますので、
文字メールを選択してください。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。