レッスン 思考と心 練習

無意味な練習と上手くなる練習

Pocket

忙しい中でせっかく時間を取るなら無駄な練習ではなく意味のある上達する練習をしたいですよね。

何のためにやってるのかはよくわからないけど、とりあえず音を長くのばすのが目的のロングトーンなんて時間の無駄かもしれませんよ。

有吉尚子です。こんにちは!

音を安定させるとか、息をコントロールする筋肉のウォーミングアップとか何かしらの意味があるなら、それを意図する必要があります。

ただまっすぐのばすという意図ではのばす練習にはなるでしょうが、そんなことって曲の中ではそうそう出てきませんよね。

基礎練習がつまらなくなるのは、何のためにやってるかわからないからというのがひとつの原因かもしれません。

学生のときに興味も無いし何の役に立つのかわからない教科がつまらなかったのと同じです。

たとえば次に向かってエネルギーを増していく音ののばし方の練習だったらどうですか?

終わりに向けて穏やかになっていく長い音の練習は?

これなら楽しいのではないでしょうか。

また必ずしも音楽的ではなかったとしても、できるだけ短時間で身体をウォーミングアップしてクオリティの高いパフォーマンスに備えるというのもつまらなくなったりはしませんよね。

それだと意図が明確ですもんね。

何の役に立つかわからないことを決まった時間いっぱいまでただ単に続けるというのは、はっきり言って何の役にも立ちません。

音階練習もエチュードも、これは何のためにやるんだろう?ということを実際に言葉で説明してみると練習の効率はものすごく上がったりしますよ。

何の役に立つかわからないけど先生にすすめられたなんて練習法があるなら、ぜひその先生にどういう意図でオススメしてくれたのか尋ねてみましょう。

ついでにどういうところに気を付けて練習したらいいか、できないところはどうやったらできるようになるか、そういう技術的なことも確認できたらより効率的な練習時間が過ごせるようになりますね。

忙しい中でせっかく時間を取るならその時間を有効活用したいですね!

メール講座では演奏に必要なスキルについてさらに詳しく毎日無料でお届けしています。ぜひ読者登録してくださいね!
完全無料

受信形式

HTMLメール

文字メール

  • この記事を書いた人

有吉 尚子

クラリネット奏者。 栃木県日光市出身。 都立井草高等学校卒業。2007年洗足学園音楽大学卒業。2009年同大学院修了。 クラリネットを大浦綾子、高橋知己、千葉直師の各氏に、室内楽を平澤匡朗、板倉康明、岡田伸夫の各氏に師事。 ミシェル・アリニョン、ポール・メイエ、アレッサンドロ・カルボナーレ、ピーター・シュミードルの各氏の公開レッスンを、バスクラリネットにてサウロ・ベルティ氏の公開レッスンを受講。 受講料全額助成を受けロシア国立モスクワ音楽院マスタークラスを修了。 及川音楽事務所第21回新人オーディション合格。 2010年より親子で聴ける解説付きのコンサ-ト「CLARINET CLASSICS」~クラシック音楽の聴き方~をシリーズで行う。 2015年、東京にてソロ・リサイタルを開催。 オーケストラやアンサンブルまたソロで演奏活動を行っている。 また、ソルフェージュや音楽理論、アレクサンダーテクニークなどのレッスンや執筆、コンクール審査などの活動も行っている。 音楽教室N music salon 主宰。

-レッスン, 思考と心, 練習

© 2021 聴く耳育成メソッド