アレクサンダー・テクニーク レッスン 思考と心 本番 練習 身体の仕組み

普段はしないのに本番だけするミス

Pocket

レッスンの時や一人で練習している時には上手く吹けるのに本番になるとなぜかミスをしてしまう、なんてことはないでしょうか?

有吉尚子です。こんにちは!

ピアニッシモで高音を出すとか、ドソロで吹き始めるとか、厳しい先輩がそばに座ってるとか、音を出すのがこわい感じがして普段は問題なくできることなのになぜかミスをしてしまう、なんていう場面はきっとたくさんありますよね。

20160804_230443

そういう時に実際に思考と身体に起きていることを冷静に観察したことはあるでしょうか。

もし観察したことがあれば、練習やレッスンの時と本番の時ではどんな違いが見つかりましたか?

普段できていることは、それを行うための技術的な問題はクリアしているはずです。

まず筋力や脳の回路が上手くいっていなければその演奏動作自体がまぐれでしか引き起こせないわけですからね。

技術的に問題のないことが本番だけできなくなるというのは、本番だけ筋力が落ちたりするってわけじゃありません。

本番だけいつもと違う思考をしているのです。

こんなことを考えてみましょう。

・練習の時に考えていて本番では考えなかったことは何か。

・練習の時は考えていなかったのに本番だけ考えたことは何か。

出ている結果に違いがある以上、必ず演奏を行う時の意図に違いがあるはずです。

その思考が脳から身体への指令となっていつもと違う動きを引き起こしたんですね。

本番だけ指が変だったから指に何か取り憑いてるに違いない!なんてことでは多分ありません。

思考は目に見えなくてしかも無意識に起きていたりもするのでなかなか注意を向けることってありませんが、身体の反応は脳からの指令が大元なのでその時に考えたことを思い出して解決策を探すというのはとても役立つアイデアです。

どうぞ試してみてくださいね!

メール講座では演奏に必要なスキルについてさらに詳しく毎日無料でお届けしています。ぜひ読者登録してくださいね!
完全無料

受信形式

HTMLメール

文字メール

  • この記事を書いた人

有吉 尚子

クラリネット奏者。 栃木県日光市出身。 都立井草高等学校卒業。2007年洗足学園音楽大学卒業。2009年同大学院修了。 クラリネットを大浦綾子、高橋知己、千葉直師の各氏に、室内楽を平澤匡朗、板倉康明、岡田伸夫の各氏に師事。 ミシェル・アリニョン、ポール・メイエ、アレッサンドロ・カルボナーレ、ピーター・シュミードルの各氏の公開レッスンを、バスクラリネットにてサウロ・ベルティ氏の公開レッスンを受講。 受講料全額助成を受けロシア国立モスクワ音楽院マスタークラスを修了。 及川音楽事務所第21回新人オーディション合格。 2010年より親子で聴ける解説付きのコンサ-ト「CLARINET CLASSICS」~クラシック音楽の聴き方~をシリーズで行う。 2015年、東京にてソロ・リサイタルを開催。 オーケストラやアンサンブルまたソロで演奏活動を行っている。 また、ソルフェージュや音楽理論、アレクサンダーテクニークなどのレッスンや執筆、コンクール審査などの活動も行っている。 音楽教室N music salon 主宰。

-アレクサンダー・テクニーク, レッスン, 思考と心, 本番, 練習, 身体の仕組み

© 2021 聴く耳育成メソッド