ソルフェージュ レッスン 合奏・アンサンブル 練習 音楽理論

ハーモニートレーニング体験

Pocket

以前ご紹介した分離唱、実際のレッスンや練習で使うときにはどう応用したら良いのでしょうか。

有吉尚子です。こんにちは!

合奏の合間などで使えるハーモニートレーニング用の楽譜を作りましたのでこれを使ってみましょう。

2016-10-21_17-53-26

まず上の段のミの音を声で歌ってみましょう。

下の段は心に余裕があれば自分で、なければお仲間に頼んでピアノやハーモニーディレクターなど和音の出る楽器で弾いてもらって合わせてみます。

これを楽器でなく声でやるのは、楽器を使うより音程の繊細なコントロールができるということ、楽器の操作に気を取られて音程に耳が向かなくなるのを防ぐためです。

ミの音を伸ばすだけですが、周りの音が変化していくことによって第三音になったり第五音になったりします。

それに合わせて気持ちのいい所を探していると自然に音程が微妙に明るくなったり暗くなったりと変化していくのが感じられるはずです。

聴こえる和音によって自分の音も明暗を変えるための導入の練習なので、周りの和音につられないようにまっすぐ伸ばそうと頑張るのではなく思いっきりつられて動いてしまいましょう。

ここで大切なのは長三和音だとか第3音だからどうするとか詳しい人が指図したりしない状況でやることです。

自分自身が自分の耳で周りの和音を聞き取り、自分の判断で音程を上げ下げして気持ち悪い響きになる時とスッキリ調和して気持ちの良い響きになる時があるのを経験するというのがここでの目的です。

他人から高い低いと言われ続けて自分の耳が信用できなくなってしまっために自分で聞き取って判断するのを避ける、というパターンはとても多いです。

まずは自分の耳を使って判断し自分の声でそれに反応する、ということに慣れてみましょう。

それができたら今度は同じことを楽器を使ってやってみます。

自分の声よりも楽器を使う方が音程の微細なコントロールをするのに技術が必要です。

もしレッスンでやるなら先生は音程の上げ下げ自体ではなく上げたい時下げたい時にどうやったらその楽器で思った通りのコントロールができるのかを教えてあげるといいですね。

ぜひ試してみてくださいね!

メール講座では演奏に必要なスキルについてさらに詳しく毎日無料でお届けしています。ぜひ読者登録してくださいね!
完全無料

受信形式

HTMLメール

文字メール

  • この記事を書いた人
有吉 尚子

有吉 尚子

クラリネット奏者。 栃木県日光市出身。 都立井草高等学校卒業。2007年洗足学園音楽大学卒業。2009年同大学院修了。 クラリネットを大浦綾子、高橋知己、千葉直師の各氏に、室内楽を平澤匡朗、板倉康明、岡田伸夫の各氏に師事。 ミシェル・アリニョン、ポール・メイエ、アレッサンドロ・カルボナーレ、ピーター・シュミードルの各氏の公開レッスンを、バスクラリネットにてサウロ・ベルティ氏の公開レッスンを受講。 受講料全額助成を受けロシア国立モスクワ音楽院マスタークラスを修了。 及川音楽事務所第21回新人オーディション合格。 2010年より親子で聴ける解説付きのコンサ-ト「CLARINET CLASSICS」~クラシック音楽の聴き方~をシリーズで行う。 2015年、東京にてソロ・リサイタルを開催。 オーケストラやアンサンブルまたソロで演奏活動を行っている。 また、ソルフェージュや音楽理論、アレクサンダーテクニークなどのレッスンや執筆、コンクール審査などの活動も行っている。 音楽教室N music salon 主宰。

-ソルフェージュ, レッスン, 合奏・アンサンブル, 練習, 音楽理論

© 2021 聴く耳育成メソッド