ソルフェージュ レッスン 合奏・アンサンブル 練習 音楽理論

ハーモニートレーニング体験

以前ご紹介した分離唱、
実際のレッスンや練習で
使うときにはどう応用したら
良いのでしょうか。

有吉尚子です。こんにちは!

合奏の合間などで使える
ハーモニートレーニング用の
楽譜を作りましたので
これを使ってみましょう。

2016-10-21_17-53-26

まず上の段のミの音を
声で歌ってみましょう。

下の段は心に余裕があれば自分で、
なければお仲間に頼んでピアノや
ハーモニーディレクターなど
和音の出る楽器で弾いてもらって
合わせてみます。

これを楽器でなく声でやるのは、
楽器を使うより音程の繊細な
コントロールができるということ、
楽器の操作に気を取られて音程に
耳が向かなくなるのを
防ぐためです。

ミの音を伸ばすだけですが、
周りの音が変化していく
ことによって第三音になったり
第五音になったりします。

それに合わせて気持ちのいい所を
探していると自然に音程が
微妙に明るくなったり暗く
なったりと変化していくのが
感じられるはずです。

聴こえる和音によって
自分の音も明暗を変えるための
導入の練習なので、
周りの和音につられないように
まっすぐ伸ばそうと頑張る
のではなく思いっきり
つられて動いてしまいましょう。

ここで大切なのは長三和音だとか
第3音だからどうするとか
詳しい人が指図したりしない
状況でやることです。

自分自身が自分の耳で
周りの和音を聞き取り、
自分の判断で音程を上げ下げして
気持ち悪い響きになる時と
スッキリ調和して気持ちの良い
響きになる時があるのを経験する
というのがここでの目的です。

他人から高い低いと言われ続けて
自分の耳が信用できなくなって
しまっために自分で聞き取って
判断するのを避ける、
というパターンはとても多いです。

まずは自分の耳を使って判断し
自分の声でそれに反応する、
ということに慣れてみましょう。

それができたら今度は同じこと
を楽器を使ってやってみます。

自分の声よりも楽器を使う方が
音程の微細なコントロールを
するのに技術が必要です。

もしレッスンでやるなら
先生は音程の上げ下げ自体ではなく
上げたい時下げたい時に
どうやったらその楽器で思った
通りのコントロールができるのか
教えてあげるといいですね。

ぜひ試してみてくださいね!

もっと色々詳しく知りたいよ!
という方はメール講座
〜スキマ時間で確実に上達する〜
【管楽器プレーヤーのための練習テクニック】
が無料でご購読いただけます。

この機会にぜひどうぞ♪

お名前(姓名)
 
メールアドレス
受信形式
HTMLメール
文字メール
※ezweb、docomoとガラケーは
文字化けしてしまいますので、
文字メールを選択してください。
メール講座

受信形式

HTMLメール

文字メール

-ソルフェージュ, レッスン, 合奏・アンサンブル, 練習, 音楽理論

© 2020 聴く耳育成メソッド