アレクサンダー・テクニーク

肩こり筋

クラリネットやフルートなどの
管楽器以外にもピアニストや
ギタリストさんからも
よく相談されることに
「肩こり」があります。

有吉尚子です。こんにちは!

これらのプレイヤーの共通点は
腕を持ち上げるタイプの
楽器だということ。
(腕に関係ない楽器の方が
実は少ないのですが)

肩関節やヒジ関節が曲がれば
腕や楽器を持ち上げる
動きは出来るのに、
その代わりに肩をすくめる動作で
腕の持ち上げを補おうとすると、
上手くいかなくて
なおさら力んでしまうという
悪循環が生まれやすい、
というのが理由のひとつ。

ひじを曲げる代わりに
肩をすくめる、
わかりやすい例だと
トロンボーンのスライド操作で
よく見られる勘違い動作ですね。

肩こりを引き起こす主な筋肉は
に関係しています。

首から両腕に向かって斜めに、
また左右の肩甲骨同士も繋いでいる
大きな僧帽筋というのが
肩こり筋です。

5118_ymzmnmzlothintu0n

どういうときに働くかというと、
肩をすくめるとき、
胸を張る姿勢をするときなど。

腕を曲げる代わりに
関節を引き込んで長さを
縮めようとすると、
腕や肩だけでなく
筋肉が繋がっている
首から頭も引き込みがちに
なります。

まず一番最初に頭が
頸椎の上の関節で自由に動ける状態
でなければ、
身体の他の部分の自由度は
連動して減ってしまうし、
頭と首を繋ぐバランスセンサーの
役割もする筋肉が固まって
機能しなくなると
身体のどこかに不具合が
起きてることにも
気付きにくくなります。

不具合が起きてることに気付けば
何か対策が立てられるけれど、
それに気付けない
というのは困りますね。

たかが腕のことと思いますが、
全身の動きにとっても大きな
影響があるものなのです。

何だか肩回りが…というとき、
どうぞ気にしてみてくださいね!

もっと色々詳しく知りたいよ!
という方はメール講座
〜スキマ時間で確実に上達する〜
【管楽器プレーヤーのための練習テクニック】
が無料でご購読いただけます。

この機会にぜひどうぞ♪

お名前(姓名)
 
メールアドレス
受信形式
HTMLメール
文字メール
※ezweb、docomoとガラケーは
文字化けしてしまいますので、
文字メールを選択してください。
メール講座

受信形式

HTMLメール

文字メール

-アレクサンダー・テクニーク

© 2020 聴く耳育成メソッド