アレクサンダー・テクニーク コミュニケーション ソルフェージュ 思考と心

新しいことは危険?

Pocket

有吉尚子です。こんにちは!

今日はお役立ち記事ではなく知らなかった新しいことを学ぶということについて思うことを書いてみます。

ちょっと前にある人に

「アレクサンダー・テクニークなんて誰も話題にしてないし流行ってないよ。狭い世界でしか知られてない、そんなことやってどうするの?」

なんて言葉をかけられたことがありました。

それについて良いとか悪いではなく、その言葉きっかけで考えさせられたのでシェアしたいと思います。

アレクサンダーに限らず知られてないこと・新しいこと、そういうのは一歩踏み出すことに誰でもブロックを持っています。

それは生物としての自然な反応。

その上で選べるのは、

・まず自分が試しにやってみるか

・誰かが安全を証明して流行ってきてから手を出す

・全く関わらないでいる

という3択だと思います。

どれが正解というものではもちろんありません。

私は新しいもの好きで何でもとにかく試したい性格なのでまず自分がやってみますが、色んなタイプがいるでしょう。

誰かが試すのを待つタイプと全く手を出さないでいるタイプはそれが自分にとって最善だからそれを選んでいるわけですね。

そして、そういう人から見るととにかくやってみるタイプの人間は危なっかしくて心配なのかもしれません。

20161014_195751

安全に快適に一緒にいよう、と誘いは善意からすることがほとんどです。

でも、多くの人が知ることで上達したりスランプを抜けるための手助けになったりする有益なことがまだ広く知られていなかったらどうでしょうか。

世の中の人全部が安全で昔から知られていることしか選ばなかったら、きっとどの業界も産業も衰退するだけですよね。

自分が何とかしなきゃ!なんて大それたことは全く思いませんが、面白そうだから試してみて役に立つからシェアをする、そういう人もある程度は必要なんじゃないかなと思うわけです。

反対に世の中全員がチャレンジ好きでも収拾がつかないことになるんでしょうけれど、これを読んでる方にはそういうまず自分がやってみる!タイプが多いのではないでしょうか。

講座などではそういう新しいことへのチャレンジを一緒にしてみたい!という方にお会いできるのを毎回とても楽しみにしています。

メール講座では演奏に必要なスキルについてさらに詳しく毎日無料でお届けしています。ぜひ読者登録してくださいね!
完全無料

受信形式

HTMLメール

文字メール

  • この記事を書いた人
有吉 尚子

有吉 尚子

クラリネット奏者。 栃木県日光市出身。 都立井草高等学校卒業。2007年洗足学園音楽大学卒業。2009年同大学院修了。 クラリネットを大浦綾子、高橋知己、千葉直師の各氏に、室内楽を平澤匡朗、板倉康明、岡田伸夫の各氏に師事。 ミシェル・アリニョン、ポール・メイエ、アレッサンドロ・カルボナーレ、ピーター・シュミードルの各氏の公開レッスンを、バスクラリネットにてサウロ・ベルティ氏の公開レッスンを受講。 受講料全額助成を受けロシア国立モスクワ音楽院マスタークラスを修了。 及川音楽事務所第21回新人オーディション合格。 2010年より親子で聴ける解説付きのコンサ-ト「CLARINET CLASSICS」~クラシック音楽の聴き方~をシリーズで行う。 2015年、東京にてソロ・リサイタルを開催。 オーケストラやアンサンブルまたソロで演奏活動を行っている。 また、ソルフェージュや音楽理論、アレクサンダーテクニークなどのレッスンや執筆、コンクール審査などの活動も行っている。 音楽教室N music salon 主宰。

-アレクサンダー・テクニーク, コミュニケーション, ソルフェージュ, 思考と心

© 2021 聴く耳育成メソッド