アレクサンダー・テクニーク 思考と心 練習 身体の仕組み

高音になるにつれ爪先立ちになってました

Pocket

私はアレクサンダーテクニークに出会う前、音が高くなるにつれて何かがだんだん前に上に行くというイメージを持っていて、高音のときにはそれがエスカレートして無意識のうちにつま先立ちになって吹いていたという時期があります。

有吉尚子です。こんにちは!

ついつい無意識でやってたことではありましたが「高い音=高い身体の位置」になっていたのかもしれません。

本当は高音は色んなコントロールが必要なので安定したバランスで吹きたいはずですよね。

あまり深く考えていたわけではありませんでしたが、振り返ってみると「色んなコントロールをやってる感じ」はつま先立ちで吹いてるときは感じていました。

そして変な音が出ると「コントロールしてるはずなのに何で上手くいかないんだろう?」なんて思っていました。

というのは今になって考えてみると姿勢のバランスが悪いので転ばないようグラグラしないよう、姿勢のバランスを取るための色んなコントロールをしていたのですね。

そのバランスのコントロールで頭の中が忙しいから高音のコントロールもやっているような気分になっていた、ということなんだと思います。

おまけに実際高音のコントロールに回す意識の余裕は無くなっていたという面もあるわけです。

実にバカバカしいですね。

余計なことをして必要なことをしていないばかりか、その自覚もなく「不思議だけどなぜか手くいかないこと」だと思っていたんですから。

かかとは地面についていても高音は吹けるし、グラグラしないように上体でバランスを取らなくてもその仕事は足ができる。

そう気がついてからは無駄にバランスを悪くしてそれを補うために忙しい!なんてことは無くなり、集中してやりたいコントロールができるようになりました。

そんなことをふと発見したのは家で一人で練習してた時だったのでこんなに簡単だったのね…とあまりに自分がバカバカしくて誰かにしゃべりたい!なんて思った記憶があります。

とはいえ、つま先立ちがいけないというわけではありません。

身体が固まりそうなとき、そういう動きは筋肉をほぐすための助けになる場合もありますから。

ほぐす目的でも他の何かでもなくやりたいことがある場面ではいらない動作だったというだけのことです。

自分の演奏を観察してみると実際の演奏に必要こととそうでないことが整理されて思わぬことに気付いたりもするのでオススメですよ!

メール講座では演奏に必要なスキルについてさらに詳しく毎日無料でお届けしています。ぜひ読者登録してくださいね!
完全無料

受信形式

HTMLメール

文字メール

  • この記事を書いた人
有吉 尚子

有吉 尚子

クラリネット奏者。 栃木県日光市出身。 都立井草高等学校卒業。2007年洗足学園音楽大学卒業。2009年同大学院修了。 クラリネットを大浦綾子、高橋知己、千葉直師の各氏に、室内楽を平澤匡朗、板倉康明、岡田伸夫の各氏に師事。 ミシェル・アリニョン、ポール・メイエ、アレッサンドロ・カルボナーレ、ピーター・シュミードルの各氏の公開レッスンを、バスクラリネットにてサウロ・ベルティ氏の公開レッスンを受講。 受講料全額助成を受けロシア国立モスクワ音楽院マスタークラスを修了。 及川音楽事務所第21回新人オーディション合格。 2010年より親子で聴ける解説付きのコンサ-ト「CLARINET CLASSICS」~クラシック音楽の聴き方~をシリーズで行う。 2015年、東京にてソロ・リサイタルを開催。 オーケストラやアンサンブルまたソロで演奏活動を行っている。 また、ソルフェージュや音楽理論、アレクサンダーテクニークなどのレッスンや執筆、コンクール審査などの活動も行っている。 音楽教室N music salon 主宰。

-アレクサンダー・テクニーク, 思考と心, 練習, 身体の仕組み

© 2021 聴く耳育成メソッド