楽器練習効率化ガイドブック

難所だなと思ってるところは
たくさん練習して本番でもバッチリ
だったのに
「なんでここで!」
という思ってもみなかったところで
引っかかったりなんてことは
ないでしょうか。

わたしはよくあります(笑)

有吉尚子です。こんにちは!

そういうときにどんなことが
起きているのか、
ちょっと考えてみました。

まず難所だとはじめから思ってる
ようなところは練習のときから
テクニカルなコントロール部分だけ
でなくどんな風に考えて
何を意図したらうまくいくだろうか
なんてことも試行錯誤
していることが多いです。

単純にフィジカルの問題解決
だけでなく思考の整理も一緒に
やっているんですね。

それに比べて、
何ともないと思ってる箇所は
特に何をどうしようという意図が
無くてもさらっと通りすぎることが
出来てしまいます。

練習のときに問題なくできることで
本番だけ間違えるというのは、
技術的に不可能というわけではなく
本番だけ違う意図を持つから
引っかかるんですよね。

わたしは普段何を意図するかを
考えていない場所で本番だけ
「あれ?なにするんだっけ?」
となったら瞬間的に訳がわからなく
なったりします。

つまり、何を考えるか事前に用意
していないところでおかしなミスを
したりするんですね。

どの部分でもちゃんと意図を持って
音を出すことを習慣にしたら
解決するのでは、と思っています。

誰にでも当てはまることでは
ないかもしれませんが、
参考になる方がいたら幸いです。

こんな記事が毎日届くメール講座
〜スキマ時間で確実に上達する〜
【管楽器プレーヤーのための練習テクニック】
は無料でお読みいただけます。

この機会にぜひどうぞ♪

お名前(姓名)
 
メールアドレス
受信形式
HTMLメール
文字メール
※ezweb、docomoとガラケーは
文字化けしてしまいますので、
文字メールを選択してください。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。