楽器練習効率化ガイドブック

鋭くてキンキンした音と
柔らかくて幅広い音、
チューナーは同じ音程でも
印象が違って聞こえることって
ありますよね。

これ、
一体どういう違いなんでしょうか。

有吉尚子です。こんにちは!

色んな要素があるでしょうが、
絶対に違うと言えるのは
吹いてる人が痩せてるか太ってるか
ということ。

吹く人の体型で音が変わるなんて
よく言われることですが、
実際は体力や身体の使い方が
違っているというのが理由
じゃないかと思います。

よく聞いてみると痩せてたり小柄
だったりしてもすごく豊かな音を
鳴らす奏者っていますからね。

じゃあ何が違うのかというと
含まれる倍音の構成が
どうなってるかってことが
その要素のひとつなのでは
ないでしょうか。

身体の使い方で響かせ方が変わり、
含まれる倍音が変わるから
その倍音の構成され方が
音質の違いとなって感じられる
のではと思います。

高い音がよく出てるときと
反対に低い音がよく出てるとき、
例えばマイクを使った時なんかに
音響の機械で実験してみると
音質が全然違うのがわかって
おもしろいものですよ。

同じことが身体の使い方次第で
機械を通さなくても
できたりします。

音色のコントロールのひとつの
やりかたですね。

バンド用の練習スタジオなんかに
機械はよくあるのでカラオケなどの
代わりに練習で使うことがあれば
ぜひ試してみてくださいな!

こんな記事が毎日届くメール講座
〜スキマ時間で確実に上達する〜
【管楽器プレーヤーのための練習テクニック】
は無料でお読みいただけます。

この機会にぜひどうぞ♪

お名前(姓名)
 
メールアドレス
受信形式
HTMLメール
文字メール
※ezweb、docomoとガラケーは
文字化けしてしまいますので、
文字メールを選択してください。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。