アナリーゼ コミュニケーション ソルフェージュ 合奏・アンサンブル 思考と心 音楽理論

「歌う」って気持ちよくなること?

Pocket

「もっと歌って!」なんて言われたとき、歌うってどんな風にやることだと解釈していますか?

有吉尚子です。こんにちは!

何となくの気分でルバートすると、タイミングが合わせにくかったりでアンサンブルしている仲間が戸惑ってしまったりしますね。

そして抑揚としてゆらぎが出る音が遠くに行くときやフレーズが終わるときに少しゆっくりしたり繰り返しのパッセージで前に進んだりというのは、長い音をより長くするような自分が気持ちよくなるだけの歌い方とは違います。

「歌は感性だ!」なんて言って理論を無視してしまうと前後関係などの整合性が無くなったりワンパターンでどんなフレーズも同じような歌い方になったりしてしまうことも。

どこが盛り上がりや落ち着きか作品に書かれてることを汲み取って音にするために必要なのが音楽理論です。

個人個人の「自分のセンス」だけでは表現の幅にもアイデアにも限界はあるでしょうが、理論がわかって作曲者の意図を尊重したら、自分だけでは思いつかないような色んな表現が出てきます。

さらにひとつの作品でも向き合うタイミングによって見え方が変わってくるし、同じ作品からでも人それぞれ受取方は違うので、そういうところが個性として現れるものなのではないでしょうか。

それは奇をてらうのとは全然別のことですね。

ワンパターンな歌いまわしの面白くない演奏ではなく自分の音楽をしたい方こそ、「自分のセンス」だけでも「誰かの表現のコピー」だけでも出てこないものに出会える鍵になる音楽理論を知ることは助けになるものですよ!

メール講座では演奏に必要なスキルについてさらに詳しく毎日無料でお届けしています。ぜひ読者登録してくださいね!
完全無料

受信形式

HTMLメール

文字メール

  • この記事を書いた人
有吉 尚子

有吉 尚子

クラリネット奏者。 栃木県日光市出身。 都立井草高等学校卒業。2007年洗足学園音楽大学卒業。2009年同大学院修了。 クラリネットを大浦綾子、高橋知己、千葉直師の各氏に、室内楽を平澤匡朗、板倉康明、岡田伸夫の各氏に師事。 ミシェル・アリニョン、ポール・メイエ、アレッサンドロ・カルボナーレ、ピーター・シュミードルの各氏の公開レッスンを、バスクラリネットにてサウロ・ベルティ氏の公開レッスンを受講。 受講料全額助成を受けロシア国立モスクワ音楽院マスタークラスを修了。 及川音楽事務所第21回新人オーディション合格。 2010年より親子で聴ける解説付きのコンサ-ト「CLARINET CLASSICS」~クラシック音楽の聴き方~をシリーズで行う。 2015年、東京にてソロ・リサイタルを開催。 オーケストラやアンサンブルまたソロで演奏活動を行っている。 また、ソルフェージュや音楽理論、アレクサンダーテクニークなどのレッスンや執筆、コンクール審査などの活動も行っている。 音楽教室N music salon 主宰。

-アナリーゼ, コミュニケーション, ソルフェージュ, 合奏・アンサンブル, 思考と心, 音楽理論

© 2021 聴く耳育成メソッド