楽器練習効率化ガイドブック

本番当日のゲネプロが終わった後、
あとは本番に臨むのみ!
というタイミングで
「あそこのソロ、もっとこうした
ほうがいいんじゃない?」
なんてアドバイスに遭遇したことは
ありますか?

有吉尚子です。こんにちは!

自分からフィードバックを求めた
ようなときには、
はっきり伝えてもらうとすごく
助かりますよね。

逆に困るのが
「よし、これで行こう!」
なんてタイミングで

「そこ早いよ!いやいや
今度は遅いよ!」

「もっとこんな音色にしたら?」

なんてすぐに変えられないような
ことを言われるとき。

もう音を出せるのは楽屋だけ、
なんてタイミングだと修正するにも
時間も会場の音響も使えなかったり
してかえって混乱させてしまう
こともあるんですよね。

そういうダメ出しをする人って
言われた相手が快適に演奏に
向き合えるかとか、
演奏プランを変更するだけの
時間や心の余裕があるか
なんてことはお構いなしに
伝えてしまうことも
少なくないです。

それは本人に
「これを言いたい」
という欲求以外の周辺事項を
考慮に入れる余裕がないから。

建設的で直後の本番に活かせる
内容なら素直に受け止めて
試してみるのも大切です。

でも建設的でない言いたいだけの
ダメ出しテロに行き会ったら
「本番前で神経質になって
余裕がないんだな」
くらいに受け取っておくのが
いいかもしれませんね。

自分が仲間に何か伝えようと
思ったときには、
どう伝えたら萎縮したりせず
お互いに快適に本番を迎えられるか
ということも考えながら
建設的なコミュニケーションを
取りたいものですね。

こんな記事が毎日届くメール講座
〜スキマ時間で確実に上達する〜
【管楽器プレーヤーのための練習テクニック】
は無料でお読みいただけます。

この機会にぜひどうぞ♪

お名前(姓名)
 
メールアドレス
受信形式
HTMLメール
文字メール
※ezweb、docomoとガラケーは
文字化けしてしまいますので、
文字メールを選択してください。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。