コミュニケーション 合奏・アンサンブル 思考と心 本番

本番直前のダメ出しテロ

Pocket

本番当日のゲネプロが終わった後、あとは本番に臨むのみ!というタイミングで「あそこのソロ、もっとこうしたほうがいいんじゃない?」なんてアドバイスに遭遇したことはありますか?

有吉尚子です。こんにちは!

自分からフィードバックを求めたようなときには、はっきり伝えてもらうとすごく助かりますよね。

逆に困るのが「よし、これで行こう!」なんてタイミングで「そこ早いよ!いやいや今度は遅いよ!」「もっとこんな音色にしたら?」なんてすぐに変えられないようなことを言われるとき。

もう音を出せるのは楽屋だけ、なんてタイミングだと修正するにも時間も会場の音響も使えなかったりしてかえって混乱させてしまうこともあるんですよね。

そういうダメ出しをする人って言われた相手が快適に演奏に向き合えるかとか、演奏プランを変更するだけの時間や心の余裕があるか、なんてことはお構いなしに伝えてしまうことも少なくないです。

それは本人に「これを言いたい」という欲求以外の周辺事項を考慮に入れる余裕がないから。

建設的で直後の本番に活かせる内容なら素直に受け止めて試してみるのも大切です。

でも建設的でない言いたいだけのダメ出しテロに行き会ったら「本番前で神経質になって余裕がないんだな」くらいに受け取っておくのがいいかもしれませんね。

自分が仲間に何か伝えようと思ったときには、どう伝えたら萎縮したりせずお互いに快適に本番を迎えられるかということも考えながら建設的なコミュニケーションを取りたいものですね。

メール講座では演奏に必要なスキルについてさらに詳しく毎日無料でお届けしています。ぜひ読者登録してくださいね!
完全無料

受信形式

HTMLメール

文字メール

  • この記事を書いた人
有吉 尚子

有吉 尚子

クラリネット奏者。 栃木県日光市出身。 都立井草高等学校卒業。2007年洗足学園音楽大学卒業。2009年同大学院修了。 クラリネットを大浦綾子、高橋知己、千葉直師の各氏に、室内楽を平澤匡朗、板倉康明、岡田伸夫の各氏に師事。 ミシェル・アリニョン、ポール・メイエ、アレッサンドロ・カルボナーレ、ピーター・シュミードルの各氏の公開レッスンを、バスクラリネットにてサウロ・ベルティ氏の公開レッスンを受講。 受講料全額助成を受けロシア国立モスクワ音楽院マスタークラスを修了。 及川音楽事務所第21回新人オーディション合格。 2010年より親子で聴ける解説付きのコンサ-ト「CLARINET CLASSICS」~クラシック音楽の聴き方~をシリーズで行う。 2015年、東京にてソロ・リサイタルを開催。 オーケストラやアンサンブルまたソロで演奏活動を行っている。 また、ソルフェージュや音楽理論、アレクサンダーテクニークなどのレッスンや執筆、コンクール審査などの活動も行っている。 音楽教室N music salon 主宰。

-コミュニケーション, 合奏・アンサンブル, 思考と心, 本番

© 2021 聴く耳育成メソッド