コミュニケーション 合奏・アンサンブル 本番 練習

使った楽譜は財産です

Pocket

本番が終わって使用済みの楽譜、みなさんどうしてますか?

有吉尚子です。こんにちは!

全部捨てる人、一部だけ取っておく人、全部取っておく人。

人それぞれ色々でしょうが、私は全部取っておく派です。

一度やった楽譜は運指のメモなどやりやすい方法を書いたり、自分とユニゾンのパートや同時に出る楽器、注意して聞くべきパート、誰が合図を出すか、リタルタンドのタイミングと加減…などなどたくさんのことをリハーサル時に書き込みます。

まったく同じようにはもう演奏しなくてもたくさんの情報が詰まった使用済み楽譜は財産なのです。

ただの汚い紙切れではないのです。

そういえば大学時代の恩師も室内楽のコンサートをご一緒させていただいたときに「オレは自分の楽譜を使う」とおっしゃって新しく配布された楽譜は使っていませんでした。

オーケストラやオペラなどでは共有の楽譜を使い回すので後に使う人の迷惑にならないように書き込みはひかえるんですが、自分の楽譜を使うとメモなど書き込みは自由にできるし、ライブラリに返却するときも原譜はまっさらなきれいな状態でお返しできるので便利です。

ただし、新しく勉強しなおすときや先入観を持たずに作品に向き合いたいときは新しいのを使ったりすることもありますね。

あまり書き込みをせず、リハーサルで打ち合わせたことを頭に記憶している人もいますが、私は忘れっぽいのでムリです。

覚えていられる方はすごいな!といつも尊敬しています。

そういう人は使用済み楽譜もきっとキレイなんでしょうね。

まあ、結局は人それぞれってことですね!

メール講座では演奏に必要なスキルについてさらに詳しく毎日無料でお届けしています。ぜひ読者登録してくださいね!
完全無料

受信形式

HTMLメール

文字メール

  • この記事を書いた人
有吉 尚子

有吉 尚子

クラリネット奏者。 栃木県日光市出身。 都立井草高等学校卒業。2007年洗足学園音楽大学卒業。2009年同大学院修了。 クラリネットを大浦綾子、高橋知己、千葉直師の各氏に、室内楽を平澤匡朗、板倉康明、岡田伸夫の各氏に師事。 ミシェル・アリニョン、ポール・メイエ、アレッサンドロ・カルボナーレ、ピーター・シュミードルの各氏の公開レッスンを、バスクラリネットにてサウロ・ベルティ氏の公開レッスンを受講。 受講料全額助成を受けロシア国立モスクワ音楽院マスタークラスを修了。 及川音楽事務所第21回新人オーディション合格。 2010年より親子で聴ける解説付きのコンサ-ト「CLARINET CLASSICS」~クラシック音楽の聴き方~をシリーズで行う。 2015年、東京にてソロ・リサイタルを開催。 オーケストラやアンサンブルまたソロで演奏活動を行っている。 また、ソルフェージュや音楽理論、アレクサンダーテクニークなどのレッスンや執筆、コンクール審査などの活動も行っている。 音楽教室N music salon 主宰。

-コミュニケーション, 合奏・アンサンブル, 本番, 練習

© 2021 聴く耳育成メソッド