楽器練習効率化ガイドブック

安全運転でミスのない演奏と
ミスがあるけれどチャレンジ
してるのが伝わる演奏、
どちらが魅力があるでしょうか。

有吉尚子です。こんにちは!

自分で録音して聴いてみるときは
ノーミスであまり大きな表現の
ないものの方がアラが目立たなくて
安心したりするんですよね。

話は少しそれますが、
以前プロフィール用の写真をプロに
スタジオで撮ってもらったことが
ありました。

そのときに100枚くらい撮った
たくさんの写真の中から画像の
仕上げをして完成品として作るのは
どれがいいか2枚くらい選ぶんです。

そこで自分で
「これがいい!」と思うのと、
プロのカメラマンさんが選ぶものは
違うんですね。

面白いなと思ってどういう風に
選んでるのか尋ねてみたところ、
「チラシやSNSで実際に使うときは
小さなサイズになることが
ほとんどだから、
小さくなっても雰囲気がわかる
大きな表情のものを選んでる」
とのこと。

なるほど!と思ったのでした。

多くの人は自分で気にしてる
シミとかシワなど色々気になって、
出来るだけアラの目立たない
どちらかというと無表情なものを
選びがちなんだそう。

でもそれってチラシやホームページ
などで小さくなったときには
全然主張が感じられない表情の
つまらない写真になってしまうもの
なんですって。

面白いですよね。

わたしはそのプロの方が選んだのを
完成品にしてもらいました。

話を戻して、
演奏にしたって同じことが
言えるかもしれません。

自分ではアラの目立たない無難な
文句のつけようのない演奏だと
思っていても、
お客さんや演奏の仲間など
他から聴いてる人にとっては
なんの主張も感じられない
つまらない演奏になってしまって
いる可能性もありますね。

表情をつける時は思ってるより
大げさにやるといい、
なんてよくいいますがそういう
意味でも本当だと思います。

そしてこじんまりしたミスのない
演奏よりも多少のミスはあっても
ダイナミックでイキイキした演奏が
聴きたいなとわたしは思います。

CDなどの録音物も全体に通して
いい雰囲気だなというテイクから
ミスした音をひとつだけ入れ替えて
修正するんですが、
写真もいい表情のものを素材に
画像加工ソフトでアラを隠す
という面でも似ているなと
思ったのでした(笑)

あなたはどう思いますか?

もっと色々詳しく知りたいよ!
という方はメール講座
〜スキマ時間で確実に上達する〜
【管楽器プレーヤーのための練習テクニック】
が無料でご購読いただけます。

この機会にぜひどうぞ♪

お名前(姓名)
 
メールアドレス
受信形式
HTMLメール
文字メール
※ezweb、docomoとガラケーは
文字化けしてしまいますので、
文字メールを選択してください。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。