アレクサンダー・テクニーク ソルフェージュ 思考と心 本番 練習

ミスを引き起こす思考

大事な場面だからミスをしたくないと強く思うとき、かえって変な間違え方をしてしまうなんてことはないでしょうか。

有吉尚子です。こんにちは!

「ミスをしない」と思うと逆に変なことをしてしまうのは「ミスをしない」という思考で頭がいっぱいになってしまいどのように演奏するかという思考がお留守になってしまうから、というのが原因の一つです。

%e3%83%80%e3%82%a6%e3%83%b3%e3%83%ad%e3%83%bc%e3%83%89

難しいところに差し掛かったら、まずはどういう音を出したいのかを頭の中で明確にしましょう。

というのは、ソルフェージュをしっかりしましょうということです。

身体は脳が出す指令に従います。

難しいパッセージはもちろん繰返し何度も練習しているでしょうから、音を明確に脳内に描ければ身体はそれに反応します。

逆にぼんやりしたイメージで「どうやろっかなー」なんて思いながら音を出せば、わけのわからない演奏にしかなりませんよね。

演奏したいフレーズは音を出す前にちゃんと認識していることが大切。

大事な場面だからミスをしたくないと強く思うときほど、どんなフレーズをどういう風に演奏したいかをはっきりさせておくのを忘れないようにしましょうね!

メール講座では演奏に必要なスキルについてさらに詳しく毎日無料でお届けしています。ぜひ読者登録してくださいね!
完全無料

受信形式

HTMLメール

文字メール

-アレクサンダー・テクニーク, ソルフェージュ, 思考と心, 本番, 練習

© 2021 聴く耳育成メソッド