アレクサンダー・テクニーク コミュニケーション 思考と心 身体の仕組み

わかってるけどやりたくない時

Pocket

「練習しなくちゃ!」「合奏に出席しなければ」そう思うほどやりたくない、行きたくない、なんてことってないでしょうか。

有吉尚子です。こんにちは!

以前否定形は身体への指示としてはあまり有効でないというお話は何度かしてきましたね。

「○○しないように」ではしたいことが具体的でないということと、何かしてはいけないことがあるとそれ以外のこともストップがかかりやすくなるから、というのが理由だそうです。

それにしては今回の自分への指示、「○○をしなければ」というのは肯定的だからやりたくない気分になるのは変だなーと思いませんか?

「○○するべきだ」「○○しなくちゃ」こういう考えは一見したところ肯定的な表現に感じられます。

けれど。

何かしなければならないことが頭にあると気になって他のことに手を付けにくくなったりしますよね。

これにはほんの少しですが、「するべきこと以外は今はしない」という否定の意図が含まれているのではないでしょうか。

または別のパターンで「○○しないことを禁止する」という二重否定で一見肯定的に見えているのかもしれません。

わたしの個人的な感覚では「○○しなければ」というのは窮屈で選択肢が限られてる感じがするのでそれを自分は本当にやりたいか改めて考えてみて「やったほうが良い」ではなく「やりたい」とか「さっさと終えてしまいたい」なんて思ってから着手する方が作業効率が上がる気がしています。

考え直すと言っても4秒くらいのことなのですぐ動き出せます。

やらなきゃならないけどやる気がでない、そんなときは一度立ち止まって自分にどんな声がけをしているか考えてみるのもたまには良いかもしれませんね!

メール講座では演奏に必要なスキルについてさらに詳しく毎日無料でお届けしています。ぜひ読者登録してくださいね!
完全無料

受信形式

HTMLメール

文字メール

  • この記事を書いた人
有吉 尚子

有吉 尚子

クラリネット奏者。 栃木県日光市出身。 都立井草高等学校卒業。2007年洗足学園音楽大学卒業。2009年同大学院修了。 クラリネットを大浦綾子、高橋知己、千葉直師の各氏に、室内楽を平澤匡朗、板倉康明、岡田伸夫の各氏に師事。 ミシェル・アリニョン、ポール・メイエ、アレッサンドロ・カルボナーレ、ピーター・シュミードルの各氏の公開レッスンを、バスクラリネットにてサウロ・ベルティ氏の公開レッスンを受講。 受講料全額助成を受けロシア国立モスクワ音楽院マスタークラスを修了。 及川音楽事務所第21回新人オーディション合格。 2010年より親子で聴ける解説付きのコンサ-ト「CLARINET CLASSICS」~クラシック音楽の聴き方~をシリーズで行う。 2015年、東京にてソロ・リサイタルを開催。 オーケストラやアンサンブルまたソロで演奏活動を行っている。 また、ソルフェージュや音楽理論、アレクサンダーテクニークなどのレッスンや執筆、コンクール審査などの活動も行っている。 音楽教室N music salon 主宰。

-アレクサンダー・テクニーク, コミュニケーション, 思考と心, 身体の仕組み

© 2021 聴く耳育成メソッド