アレクサンダー・テクニーク コミュニケーション 思考と心

今ある自分とあるべき自分

Pocket

自分の状態なんて関係ない!

とにかくちゃんとやらなきゃ!

なんて責任感の強い真面目な人ほど思ってしまいがちですが、それってちょっと大変ではないでしょうか。

有吉尚子です。こんにちは!

プレーヤーや講師として、またはリーダーとして先輩としていつもちゃんとしていなければ、常に完璧でいなければ、なんて思ってしまうことも時にはあるかもしれませんね。

でも私たちはリーダーや先輩である前に人間です。

人の気分や体調や思考は、一定でないことが当たり前。

元気はつらつ!な時もあればワクワクしてる時も、悲しい気分の時も、落ち込んでる時もあります。

%e3%83%80%e3%82%a6%e3%83%b3%e3%83%ad%e3%83%bc%e3%83%89-3

日々の体調管理や本番までのコンディションを整えることはもちろん大切なことですが、「あるべき自分」でないからと罪悪感を持ったり、無理に元気を出そうとしたり、上機嫌を装おうとしたり、というのは疲れてしまいます。

風邪を引いて声が枯れた時は無理してしゃべる代わりに身振りをたくさん使ったってコミュニケーションはできます。

社会人で不機嫌を丸出しにする人はいないと思いますがもしも調子が良くないのならたまには笑顔の少ない日があったっていいのでは。

それが自分にも正直であり、周囲に対する信頼の表明でもあるのかなと思います。

普通の心情として、信頼してない相手に自分の不調は見せられませんからね!

現状を否定して目をそらし架空の理想を演じるより、今ある状況でベストを尽くすためにできることを探す。

その方が現状を隠すというストレスもなく、目的に向かうため一番役に立つ「今できること」を探すということにエネルギーを注げるのではないでしょうか。

メール講座では演奏に必要なスキルについてさらに詳しく毎日無料でお届けしています。ぜひ読者登録してくださいね!
完全無料

受信形式

HTMLメール

文字メール

  • この記事を書いた人

有吉 尚子

クラリネット奏者。 栃木県日光市出身。 都立井草高等学校卒業。2007年洗足学園音楽大学卒業。2009年同大学院修了。 クラリネットを大浦綾子、高橋知己、千葉直師の各氏に、室内楽を平澤匡朗、板倉康明、岡田伸夫の各氏に師事。 ミシェル・アリニョン、ポール・メイエ、アレッサンドロ・カルボナーレ、ピーター・シュミードルの各氏の公開レッスンを、バスクラリネットにてサウロ・ベルティ氏の公開レッスンを受講。 受講料全額助成を受けロシア国立モスクワ音楽院マスタークラスを修了。 及川音楽事務所第21回新人オーディション合格。 2010年より親子で聴ける解説付きのコンサ-ト「CLARINET CLASSICS」~クラシック音楽の聴き方~をシリーズで行う。 2015年、東京にてソロ・リサイタルを開催。 オーケストラやアンサンブルまたソロで演奏活動を行っている。 また、ソルフェージュや音楽理論、アレクサンダーテクニークなどのレッスンや執筆、コンクール審査などの活動も行っている。 音楽教室N music salon 主宰。

-アレクサンダー・テクニーク, コミュニケーション, 思考と心

© 2021 聴く耳育成メソッド