楽器練習効率化ガイドブック

楽譜にpと書いてあるとき、
どんな音を出しますか?

小さい音?

有吉尚子です。こんにちは!

ではその小さい音を出すって
何のためでしょう。

楽譜に書いてあるからでしょうか。

何のために楽譜に書いて
あるのでしょう。

作曲家は「小さい音」が
欲しかったのでしょうか。

どんなニュアンスのどんな表情の
「小さい音」が欲しいのでしょう。

ひとことで小さい音といっても
色々ありますよね。

静かな音、遠くから聞こえる音、
興奮を抑えてる音、ささやき、
ため息、張り詰めた緊張、
きらめきなどなど他にもたくさん。

表現して欲しいのは
音量の少なさではありませんね。

とはいえその音一つだけをみても
わからないこともありますね。

そんな時は楽譜で
どんな前後関係なのか、
どんな場面のどんな役割なのかを
知ることが手がかりになります。

実際の楽譜で見てみたければ
レッスンにいらっしゃるのが
やっぱり早いですが、
メルマガでも少しずつ
ご紹介して行きますね!

こんな記事が毎日届くメール講座
〜スキマ時間で確実に上達する〜
【管楽器プレーヤーのための練習テクニック】
は無料でお読みいただけます。

この機会にぜひどうぞ♪

お名前(姓名)
 
メールアドレス
受信形式
HTMLメール
文字メール
※ezweb、docomoとガラケーは
文字化けしてしまいますので、
文字メールを選択してください。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。