楽器練習効率化ガイドブック

「ミスをするのが怖いんです」

そんなお悩みを抱えた方は
いらっしゃるでしょうか。

またはこんな相談をされたとき、
どう答えていますか?

有吉尚子です。こんにちは!

思考と身体はちゃんと繋がっている
ので気合いとか根性とか
そういうことではクリアできない
ことも多いですよね。

5118_mznhymvlnwm2ntlkn

では例えば、
ミスをしたくないというのを
肯定的に言い換えると
どうなるでしょう。

「思ったように演奏したい」
「お客さんと音楽を共有したい」

それぞれで出てくる答えは
違うと思います。

何かをしたくないというとき、
それをポジティブな表現に
言い換えるのはとても有効です。

はじめは

ミスをしたくない

正確に演奏したい

くらいの言い換えしか
できないかもしれません。

そしたらさらに考えてみましょう。
「それじゃあなぜ正確に
演奏したいのかな?」

ポジティブな表現になるまで
これを繰り返します。

なぜそれが有効かというと
人間の脳は否定形での思考は
受け付けられないからです。

5118_nzuxzte0n2u4ndhln

もちろん哲学など抽象的なことを
考えたりすることは
できるのですが、
身体への指令としては
否定形思考は通用しないのです。

「ミスしたくない」という場合、
まず脳内でミスするという
指令が出ます。

一瞬のことですがその時点で
身体はミスをする準備をします。

そしてそれを後から
打ち消す指令が出ます。

打ち消されたミスの代わりに
何をするのかという
代替プランがないと、
「何もしない」
という指令が脳から出ます。

身体は素直なので
それにまた従います。

つまり
「ミスをしたくない」
とだけ思ったら身体はそれをする
準備をした上で何もしないように
固まってしまうのです。

固まった状態で音を出さなければ
ならないとしたら、
とても大変で疲れるし思わぬことを
してしまったりもしますよね。

「楽譜にある音を出す」
「息を楽器に送り続ける」
「ピストンを押す」
「お客さんのひとりを見る」

など本人が納得できれば
何でもいいのですが、
具体的に動きを引き起こせる
肯定表現の言葉を思い浮かべると、
ちゃんと身体はその通りに
動いてくれます。

ただし、
「リラックスする」
なんていうのは具体的に
何をしたらいいかわからない言葉
なので肯定表現とは違います。

ミスをしない代わりに
何をしたいのか
それを一緒に考えてあげる
というのも相談された時に
出来ることのひとつですね。

色んなお悩みに
応用してくださいね!

もっと色々詳しく知りたいよ!
という方はメール講座
〜スキマ時間で確実に上達する〜
【管楽器プレーヤーのための練習テクニック】
が無料でご購読いただけます。

この機会にぜひどうぞ♪

お名前(姓名)
 
メールアドレス
受信形式
HTMLメール
文字メール
※ezweb、docomoとガラケーは
文字化けしてしまいますので、
文字メールを選択してください。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。