楽器練習効率化ガイドブック

演奏するときにはガチガチに
固まっているよりも全身が柔軟に
コントロールできる方が
有利なことが多いものですが、
緊張したりテクニック的に難しい
ところに差し掛かったりすると
つい固まってしまうのは
一体なぜなのでしょうか。

有吉尚子です。こんにちは!

これが正解という答えは
あるのかどうかわかりませんが、
固めたくなる原因として
いくつか推測できることを
書いてみたいと思います。

まず、やり方がわからないことを
とにかくがんばる!なんて
力ずくでなんとかしようと
するときにどこに力をいれたら
良いかわからずあちこちに
力を入れてしまうパターン。

これはわかりやすいですね。

もうひとつは突然の衝撃などの
アクシデントに備えて
関節がぐらついたために神経や
大切な組織が損傷しないよう
安定させるというパターン。

%e3%83%80%e3%82%a6%e3%83%b3%e3%83%ad%e3%83%bc%e3%83%89-12

交通事故のぶつかる瞬間に首が
ぐらぐらしていたら頸椎に重大な
ダメージを受けてしまいますよね。

そういうのに対応するため。

最後にもしかしたらこんな
理由もあるのではと思うのは、
固まったら痛みなど身体の感覚は
わかりにくくるので、
衝撃から受ける痛みやショック
などで安全を確保するための反応が
ストップしてしまわないため、
なんてことです。

とっさのときは小さな傷には
気がつかなくて危険回避の
動きをしたとき、
あとから小さな傷が
出来ていたことにに気づく
なんてことありますよね。

アドレナリンなどで痛みを
感じにくくなるということも
もちろんありますが、
もしかしたらそんなことも
原因のひとつなのかな、
なんて思います。

%e3%83%80%e3%82%a6%e3%83%b3%e3%83%ad%e3%83%bc%e3%83%89-13

とはいえなぜ固まるかは
演奏にはあまり関係なくて、
自分の身体の状態に気付いて
その上で何をするかの選択が
大切なことに変わりは
ありませんけれど。

人体って興味が尽きないですね!
こんな記事が毎日届くメール講座
〜スキマ時間で確実に上達する〜
【管楽器プレーヤーのための練習テクニック】
は無料でお読みいただけます。

この機会にぜひどうぞ♪

お名前(姓名)
 
メールアドレス
受信形式
HTMLメール
文字メール
※ezweb、docomoとガラケーは
文字化けしてしまいますので、
文字メールを選択してください。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。