アレクサンダー・テクニーク 思考と心 身体の仕組み

吹きにくい状態を選ぶ理由

Pocket

演奏するときにはガチガチに固まっているよりも全身が柔軟にコントロールできる方が有利なことが多いものですが、緊張したりテクニック的に難しいところに差し掛かったりするとつい固まってしまうのは一体なぜなのでしょうか。

有吉尚子です。こんにちは!

これが正解という答えはあるのかどうかわかりませんが、固めたくなる原因としていくつか推測できることを書いてみたいと思います。

まず、やり方がわからないことをとにかくがんばる!なんて力ずくでなんとかしようとするときにどこに力をいれたら良いかわからずあちこちに力を入れてしまうパターン。

これはわかりやすいですね。

もうひとつは突然の衝撃などのアクシデントに備えて関節がぐらついたために神経や大切な組織が損傷しないよう安定させるというパターン。

%e3%83%80%e3%82%a6%e3%83%b3%e3%83%ad%e3%83%bc%e3%83%89-12

交通事故のぶつかる瞬間に首がぐらぐらしていたら頸椎に重大なダメージを受けてしまいますよね。

そういうのに対応するため。

最後にもしかしたらこんな理由もあるのではと思うのは、固まったら痛みなど身体の感覚はわかりにくくるので、衝撃から受ける痛みやショックなどで安全を確保するための反応がストップしてしまわないため、なんてことです。

とっさのときは小さな傷には気がつかなくて危険回避の動きをしたとき、あとから小さな傷が出来ていたことにに気づくなんてことありますよね。

アドレナリンなどで痛みを感じにくくなるということももちろんありますが、もしかしたらそんなことも原因のひとつなのかな、なんて思います。

%e3%83%80%e3%82%a6%e3%83%b3%e3%83%ad%e3%83%bc%e3%83%89-13

とはいえなぜ固まるかは演奏にはあまり関係なくて、自分の身体の状態に気付いてその上で何をするかの選択が大切なことに変わりはありませんけれど。

人体って興味が尽きないですね!

メール講座では演奏に必要なスキルについてさらに詳しく毎日無料でお届けしています。ぜひ読者登録してくださいね!
完全無料

受信形式

HTMLメール

文字メール

  • この記事を書いた人
有吉 尚子

有吉 尚子

クラリネット奏者。 栃木県日光市出身。 都立井草高等学校卒業。2007年洗足学園音楽大学卒業。2009年同大学院修了。 クラリネットを大浦綾子、高橋知己、千葉直師の各氏に、室内楽を平澤匡朗、板倉康明、岡田伸夫の各氏に師事。 ミシェル・アリニョン、ポール・メイエ、アレッサンドロ・カルボナーレ、ピーター・シュミードルの各氏の公開レッスンを、バスクラリネットにてサウロ・ベルティ氏の公開レッスンを受講。 受講料全額助成を受けロシア国立モスクワ音楽院マスタークラスを修了。 及川音楽事務所第21回新人オーディション合格。 2010年より親子で聴ける解説付きのコンサ-ト「CLARINET CLASSICS」~クラシック音楽の聴き方~をシリーズで行う。 2015年、東京にてソロ・リサイタルを開催。 オーケストラやアンサンブルまたソロで演奏活動を行っている。 また、ソルフェージュや音楽理論、アレクサンダーテクニークなどのレッスンや執筆、コンクール審査などの活動も行っている。 音楽教室N music salon 主宰。

-アレクサンダー・テクニーク, 思考と心, 身体の仕組み

© 2021 聴く耳育成メソッド