楽器練習効率化ガイドブック

講座で一回だけ体験したり
本やメディアで知った音楽の知識、
どれくらい実際に使えていますか?

有吉尚子です。こんにちは!

レッスンを継続的に受ける方と
遠方からなどで一度だけ単発で
受ける方とがいらっしゃいます。

どちらがいいとか悪いとかでは
ありませんが、
それぞれの受け方で当然ながら
学びの深さと質に違いがあります。

概要を知識として知りたいだけなら
単発のレッスンがおすすめです。

理解スピードに応じて段階的に
良くなる手順を踏みたければ
継続的に受ける必要があります。

%e3%83%80%e3%82%a6%e3%83%b3%e3%83%ad%e3%83%bc%e3%83%89-15

単発の体験では主に継続したときに
どんな変化があるかの紹介を
することができます。

しかし今まで自分の中に
なかった発想だからこそ
やってこなかったことを
たった一度で理解するのは
相当の経験と知識と理解力が
必要です。

しかもすごく優秀で適応が早い方で
たった一度で理解できたとしても、
机上の理論ではなく実際に
使えるスキルとして動作を行ったり
現場でいつでも必要なときに
引き出しから出せるよう
自分に定着させること

実はかなり難易度が高いこと
なんです。

しかし、簡単ではないとはいえ
もちろん不可能ではありません。

プロで長いこと活動している方は
知識も経験もあるので、
その裏付けとしてスッと理解して
自分のものにすることができる
ケースもたくさんあります。

そういう方は単発で知識を得て
自分でどう応用するかを試行錯誤
する学び方が向いています。

反対に、
新しいことをちゃんと理解して
どんな場面でどう応用するか、
身に付けるにはどんな手順で
進めれば良いか、
ということを教わりながら
ただの知識ではなく
使えるスキルとして
自分のものにするには、
継続的にレッスンを受ける方が
適しています。

あるあるなのが、
知識だけ得て良いことを知った
気分になって帰っても
個別のケースにどう活かすか
応用するための考え方や、
やってみようとしたことが
実際にできているかどうかの
フィードバックを得られない状況で
理屈だけは知っているけど
結局使い方はよく分からないまま、
なんてケース。

例えば単発での
アレクサンダーテクニークなら
頭と首の関節がどうなってるか
によって動作の質や効率が
変わると説明はしますが、
「わかった、わかった!
首が動けばいいんですね!」
なんて言ってポイントとなる
関節とは全然違うところを
動かして納得しているケース。

原理は知識として理解できても
実際に自分の身体で行うこととは
結び付いていない例です。

こういう「わかったつもり」の
生徒さんがしばらく後に、
アレクサンダーテクニークは
知ってるけど全然役に立たない、
なんて言ってしまいがち。

実際に知ってるのは原理だけで
使い方や自分の身体での応用は
できていないなんて
すごくもったいないですね。

ソルフェージュや
アレクサンダーテクニークに限らず
段階的に手順を踏んで
身に付けるようなことは
継続的に何度か受けないと
実際の演奏への活かし方がわからず
せっかくのお金と時間がムダになる
なんてこと、意外にありがちです。

ドキッとしたら、
自分の持ってる知識が本当に
使えるものなのか、
振り返ってみるのも
良いかもしれませんよ!

もっと色々詳しく知りたいよ!
という方はメール講座
〜スキマ時間で確実に上達する〜
【管楽器プレーヤーのための練習テクニック】
が無料でご購読いただけます。

この機会にぜひどうぞ♪

お名前(姓名)
 
メールアドレス
受信形式
HTMLメール
文字メール
※ezweb、docomoとガラケーは
文字化けしてしまいますので、
文字メールを選択してください。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。