アレクサンダー・テクニーク 思考と心 身体の仕組み

出来てるかな?と思った瞬間するミス

新しい奏法に変えたときなど「ここは注意したいポイントだな」なんて気にしてることがあると普段は間違えないようなことろで引っかかったりしないでしょうか。

有吉尚子です。こんにちは!

これって大事な本番のときに「ここは間違えないぞ!」と思ったときに間違えるのも同じことが原因かもしれません。

そんな原因の一つは「出来ているか確認すること」「実際にやること」は違うから、というもの。

この2つ、動作としては似ているようですが脳から身体に対する指示としての意図が全然違います。

「この音をこんな表情でこうやって演奏しよう」というのと「出来ているかチェックしよう」は別の作業なんですよね。

そしてついついやってしまいがちなことなんですが、チェックしながら演奏するのは頭の中が忙しいので「演奏する」という意図がお留守になってできてるかどうかチェックして、チェックしたらついついそれを良いかダメか評価することに夢中になってしまいます。

気付いたときには次に何をするかわからなくなっていて間違える、そんなことがパターンになってはいないでしょうか。

「間違えないぞ!」と自分に言い聞かせるのと実際にどう演奏するか考えるのも全然別の作業ですね。

意図した通りに動いてるか確認することは、思ったように動くことを意図するのとは違います。

ちょっと複雑なお話になってしまったかもしれませんが、アンブシュアを変えたときや構え方を変えたときなど、筋感覚でやってることを知ろうとするときにとてもよく起こってしまうことなのでぜひ気を付けてみてくださいな。

メール講座では演奏に必要なスキルについてさらに詳しく毎日無料でお届けしています。ぜひ読者登録してくださいね!
完全無料

受信形式

HTMLメール

文字メール

-アレクサンダー・テクニーク, 思考と心, 身体の仕組み

© 2021 聴く耳育成メソッド