アナリーゼ アレクサンダー・テクニーク ソルフェージュ レッスン 練習

音符を記号のように見ていませんか?

Pocket

わたしたちはソルフェージュの訓練では楽器ではなく声でやっていることがほとんどです。

しかしソルフェージュというと趣味でやってる方にとっては、楽器をたのしく演奏したいのになぜ歌をやらなければならないのかわからないし、歌は自信がないし面白くもない。

なんて思ってしまっているかもしれませんね。

有吉尚子です。こんにちは!

楽器ではなく声でやるのは、どんな理由なんでしょうか。

20160908_144646

「歌うように演奏するため」というのはその通りだと思います。

歌うためにはまず何をどう歌いたいかをはっきりさせる必要があります。

やりたいことのイメージが漠然としていると声にしたときにやっぱりあやふやになっていますが、声で歌うことではっきりしますね。

それは話す前には話したいことを頭の中で用意するのと同じことですがそうもいかずつい何も考えず音を出してしまうことってありますよね。

「つい」と言いつつも一体なぜ何をしたいかを頭の中に用意する前に音を出そうとしたくなるのでしょうか。

実は学校吹奏楽から音楽を始めた多くの人が「この音符はこの運指」という楽譜の記号と身体コントロールを結びつけて最初に覚えてしまっています。

それ自体は必要なことですが「この音符はどんな音だから」というのが抜けてしまうんですね。

「ここはラだからこのキー」「次はシだからこの穴を押さえる」なんていう風に身体の操作で夢中になってしまうと音をイメージするのがお留守になってしまいがち。

それが習慣になると音符を見たら指やアンブシュアをどう動かすかしか考えられなくなってしまうので楽器を外して声だけにすると何がしたいかわからなくなってしまうんですね。

ソルフェージュをやらずに楽器操作だけ練習するのは何を言うか決めずに早口言葉の練習をするようなもの。

混乱する練習をしているようなものです。

楽器なしで音符をテンポで読んでみる、なんていうのも頭を整理するのに役立ったりしますよ!

メール講座では演奏に必要なスキルについてさらに詳しく毎日無料でお届けしています。ぜひ読者登録してくださいね!
完全無料

受信形式

HTMLメール

文字メール

  • この記事を書いた人

有吉 尚子

クラリネット奏者。 栃木県日光市出身。 都立井草高等学校卒業。2007年洗足学園音楽大学卒業。2009年同大学院修了。 クラリネットを大浦綾子、高橋知己、千葉直師の各氏に、室内楽を平澤匡朗、板倉康明、岡田伸夫の各氏に師事。 ミシェル・アリニョン、ポール・メイエ、アレッサンドロ・カルボナーレ、ピーター・シュミードルの各氏の公開レッスンを、バスクラリネットにてサウロ・ベルティ氏の公開レッスンを受講。 受講料全額助成を受けロシア国立モスクワ音楽院マスタークラスを修了。 及川音楽事務所第21回新人オーディション合格。 2010年より親子で聴ける解説付きのコンサ-ト「CLARINET CLASSICS」~クラシック音楽の聴き方~をシリーズで行う。 2015年、東京にてソロ・リサイタルを開催。 オーケストラやアンサンブルまたソロで演奏活動を行っている。 また、ソルフェージュや音楽理論、アレクサンダーテクニークなどのレッスンや執筆、コンクール審査などの活動も行っている。 音楽教室N music salon 主宰。

-アナリーゼ, アレクサンダー・テクニーク, ソルフェージュ, レッスン, 練習

© 2021 聴く耳育成メソッド