ソルフェージュ レッスン 練習

悪い音程が当たり前になる練習

楽器を使わずに声で練習する
理由は前回の記事で書いたことの
他にもいくつかあります。

有吉尚子です。こんにちは!

まず、ほとんどの人が生活の中で
接する機会が多いのは楽器
ではなく自分の声なので
高低や音質を
楽器よりも繊細にコントロール
することができます。

楽器で微細な音程や音質の
変化を作るのは結構テクニック
必要だったりしますからね。

では繊細なコントロールが
できるようになってからソルフェを
やればいいのでは?

そんな風にも
考えられるでしょうか。

繊細なコントロールをできる
テクニックを身につけるまでには
当然ながらたくさんの練習が
必要です。

そしてたくさん練習する過程で
あやふやなソルフェージュで
出す楽器の特性任せの音程
覚えてしまいます。

例えばクラリネットだったら
高音域がやたら高く低音域はより
低くなりがちで、通常はそれを
細かく補正しながら
演奏するものです。

ところが楽器任せにしたら
その楽器の音程傾向が標準的だと
思い込んでしまいます。

そうすると楽器なしで声で歌う
となった時も高音は高めに
低音は低めに歌ってしまう、
なんていうことが起こります。

狂ってることに気がつかない
という状況が
できてしまうんですね。

そんな楽器の特性を排除して
純正なハーモニーの中で出したい
音を明確に歌うというのが
理想の練習の一つでは
ないでしょうか。

合唱を取り入れている吹奏楽が
とても綺麗にハーモニーを
作れるのはそういうことですね。


ピンときたら是非
試してみてくださいね!

こんな記事が毎日届くメール講座
〜スキマ時間で確実に上達する〜
【管楽器プレーヤーのための練習テクニック】
は無料でお読みいただけます。

この機会にぜひどうぞ♪

お名前(姓名)
 
メールアドレス
受信形式
HTMLメール
文字メール
※ezweb、docomoとガラケーは
文字化けしてしまいますので、
文字メールを選択してください。
メール講座

受信形式

HTMLメール

文字メール

-ソルフェージュ, レッスン, 練習

© 2020 聴く耳育成メソッド