ソルフェージュ レッスン 練習

悪い音程が当たり前になる練習

Pocket

楽器を使わずに声で練習する理由は前回の記事で書いたことの他にもいくつかあります。

有吉尚子です。こんにちは!

まず、ほとんどの人が生活の中で接する機会が多いのは楽器ではなく自分の声なので高低や音質を楽器よりも繊細にコントロールすることができます。

楽器で微細な音程や音質の変化を作るのは結構テクニックが必要だったりしますからね。

では繊細なコントロールができるようになってからソルフェをやればいいのでは?

そんな風にも考えられるでしょうか。

繊細なコントロールをできるテクニックを身につけるまでには当然ながらたくさんの練習が必要です。

そしてたくさん練習する過程であやふやなソルフェージュで出す楽器の特性任せの音程を覚えてしまいます。

例えばクラリネットだったら高音域がやたら高く低音域はより低くなりがちで、通常はそれを細かく補正しながら演奏するものです。

ところが楽器任せにしたらその楽器の音程傾向が標準的だと思い込んでしまいます。

そうすると楽器なしで声で歌うとなった時も高音は高めに低音は低めに歌ってしまう、なんていうことが起こります。

狂ってることに気がつかないという状況ができてしまうんですね。

そんな楽器の特性を排除して純正なハーモニーの中で出したい音を明確に歌うというのが理想の練習の一つではないでしょうか。

合唱を取り入れている吹奏楽がとても綺麗にハーモニーを作れるのはそういうことですね。


ピンときたら是非試してみてくださいね!

メール講座では演奏に必要なスキルについてさらに詳しく毎日無料でお届けしています。ぜひ読者登録してくださいね!
完全無料

受信形式

HTMLメール

文字メール

  • この記事を書いた人
有吉 尚子

有吉 尚子

クラリネット奏者。 栃木県日光市出身。 都立井草高等学校卒業。2007年洗足学園音楽大学卒業。2009年同大学院修了。 クラリネットを大浦綾子、高橋知己、千葉直師の各氏に、室内楽を平澤匡朗、板倉康明、岡田伸夫の各氏に師事。 ミシェル・アリニョン、ポール・メイエ、アレッサンドロ・カルボナーレ、ピーター・シュミードルの各氏の公開レッスンを、バスクラリネットにてサウロ・ベルティ氏の公開レッスンを受講。 受講料全額助成を受けロシア国立モスクワ音楽院マスタークラスを修了。 及川音楽事務所第21回新人オーディション合格。 2010年より親子で聴ける解説付きのコンサ-ト「CLARINET CLASSICS」~クラシック音楽の聴き方~をシリーズで行う。 2015年、東京にてソロ・リサイタルを開催。 オーケストラやアンサンブルまたソロで演奏活動を行っている。 また、ソルフェージュや音楽理論、アレクサンダーテクニークなどのレッスンや執筆、コンクール審査などの活動も行っている。 音楽教室N music salon 主宰。

-ソルフェージュ, レッスン, 練習

© 2021 聴く耳育成メソッド