アレクサンダー・テクニーク 思考と心 練習 身体の仕組み

通勤電車でアレクサンダー・テクニーク

Pocket

通勤電車の中でやってみる!のシリーズ、今回はアレクサンダーテクニークをご紹介します。

有吉尚子です。こんにちは!

通勤電車だと座れなくて立ってたりぎゅうぎゅうで押されてしまったり揺れてよろけたりなんてこともしょっちゅうですよね。

そんな状況だと今回ご紹介するのは試しがいがあるかもしれません。

では実験その1。

「絶対その場から動かないようしっかり身体を支えるぞ!」と決めます。

どんなに押されても揺れてもその場所から微動だにしないよう踏ん張ってみましょう。

その「絶対動かないモード」でどれくらいその場にいられるか、そのときの呼吸の具合や身体の快適さはどうだか、なんてことを自分で観察してみましょう。

次に実験その2。

「その場に立っているために足首・膝・股関節・骨盤・お腹背中・腕首頭が全部動けてバランスを取り続ける」ということに決めましょう。

さっきと比べてその場にいるための労力はどんな風に違うでしょうか。

呼吸の具合や身体の快適さはどうでしょうか。

呼吸や快適さだけでなく周りとの押し合い具合やイラ立ち具合なんかも違うのではないでしょうか。

簡単な実験ですが、この2つのモードの違いは楽器演奏のときにもそのまま同じことが言えるのです。

「しっかり身体を支えてよい姿勢で!」なんて思ったときにあちこち固めて
呼吸も不自由な状態になっていないか振り返ってみましょう。

演奏のためには姿勢のバランスも刻々と変わる必要があるのであちこちが自由に動けて常に新しくバランスを取り続けるほうが呼吸や指回りも具合が良くなるかもしれませんよ。

ぜひ試してみてくださいね!

メール講座では演奏に必要なスキルについてさらに詳しく毎日無料でお届けしています。ぜひ読者登録してくださいね!
完全無料

受信形式

HTMLメール

文字メール

  • この記事を書いた人
有吉 尚子

有吉 尚子

クラリネット奏者。 栃木県日光市出身。 都立井草高等学校卒業。2007年洗足学園音楽大学卒業。2009年同大学院修了。 クラリネットを大浦綾子、高橋知己、千葉直師の各氏に、室内楽を平澤匡朗、板倉康明、岡田伸夫の各氏に師事。 ミシェル・アリニョン、ポール・メイエ、アレッサンドロ・カルボナーレ、ピーター・シュミードルの各氏の公開レッスンを、バスクラリネットにてサウロ・ベルティ氏の公開レッスンを受講。 受講料全額助成を受けロシア国立モスクワ音楽院マスタークラスを修了。 及川音楽事務所第21回新人オーディション合格。 2010年より親子で聴ける解説付きのコンサ-ト「CLARINET CLASSICS」~クラシック音楽の聴き方~をシリーズで行う。 2015年、東京にてソロ・リサイタルを開催。 オーケストラやアンサンブルまたソロで演奏活動を行っている。 また、ソルフェージュや音楽理論、アレクサンダーテクニークなどのレッスンや執筆、コンクール審査などの活動も行っている。 音楽教室N music salon 主宰。

-アレクサンダー・テクニーク, 思考と心, 練習, 身体の仕組み

© 2021 聴く耳育成メソッド