楽器練習効率化ガイドブック

演奏に関わる身体の仕組みについて
色々書いていますが、
せっかくならここまでで知った
身体の仕組みを実際の演奏で
活かしたいですよね。

有吉尚子です。こんにちは!

そのためにはひとつ、
大切なポイントがあります。

それは人間の身体のシステムが
上手く働くように要らない邪魔を
しないこと。

わたしたちは日常で身につけた
色んなクセや習慣でついつい
やりたいことにつながる動作
だけでなくやりたいことを制限
するような動作もしてしまって
いることが多いんです。

それに何か意図しなくても
呼吸に代表されるように
生きるために自動で起きている
動きもたくさんあるんですね。

身体を思ったように動かすのは
「何かをする」
という意図だけでなく
「余計なことをしない」
というのも大きなポイントです。

そして余計なことをしないで
やりたいことをよりよくやるための
要になってる身体の部分が
頭と首の関節なんです。

やりたいことがやりたいように
できるために身体の動きや思考
についてサポートをすること
アレクサンダー・テクニーク教師
のお仕事のひとつ。

こういう記事や本など
たくさん出版されていますから、
実際にレッスンで体験しなくても
それを読んでうまくいく方も
いるでしょう。

実際に体験してもらうだけでなく
必要な人に届くように
こうやって情報を公開するのも
その一つだと思っています。

実際に体験して身につけたいと
思う方はぜひレッスンで会いに
来てみてくださいね!

レッスンの詳細を知りたい方は
こちらからどうぞ。
▼▼▼▼▼
https://open-eared.com/page-1709/

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。