アナリーゼ 思考と心 音楽理論

センスに自信ありますか?

Pocket

有吉尚子です。こんにちは!

初めての曲やフレーズを見た時に自分がどう感じるかってことに自信はありますか?

ついつい誰かの感じ方や解釈を知ってから自分の考えをまとめようとしていませんか?

それは「やっぱり自分ではちゃんと理解出来ないんじゃないか」なんて感じようとするのではなくわかろうとする姿勢があるからかもしれませんね。

もちろん理論を知ってそのガイドに沿って考えるのは大切なことです。

でも理論だけ知ってても音楽は出来ませんよね。

何か表現したいなら、「本にこう書いてあるから」「分析するとこうだから」というとこだけじゃなくそれを自分がどう感じるのかというして視点がなければ他人に何かを訴えかけることはとても難しくなります。

これはつまり「センス」と言われてしまう部分ですね。

そしてそのセンスや感じ方は天然のものだけでなく、訓練や普段の心がけでいくらでも引き出すことの出来る部分なんですよ。

アナリーゼを学んで着眼点を知るというのもひとつの有効な手ですが例えばその感度を上げるのに異分野の芸術や他ジャンルの音楽に触れるのもとっても役に立ちます。

わかろうとするのではなくどう感じるのかただただ自分の心を見てみるんですね。

そこで誰かのコメントや感想を参考にする必要はありません。

日記や独り言なんかでもいいので自分がどう感じたかを言葉にしてみましょう。

そんなことの積み重ねで、普段の生活ではフタをしがちな自分が何を感じるか、気持ちにどんな変化があるか、ということに敏感になっていくことが出来るんです。

音楽家は神経過敏だとか感情の変化にこだわりすぎる、なんてイメージがあるかもしれませんが表現するためにそういう感覚の繊細さというのは大切なものなんですね。

ついでに言うと、感覚が繊細であることと感情に流されやすいのは全く別のことなので繊細な変化に気がつくようになったら理性的でいられなくなるなんてことはありませんから安心していいですよ(笑)

メール講座では演奏に必要なスキルについてさらに詳しく毎日無料でお届けしています。ぜひ読者登録してくださいね!
完全無料

受信形式

HTMLメール

文字メール

  • この記事を書いた人
有吉 尚子

有吉 尚子

クラリネット奏者。 栃木県日光市出身。 都立井草高等学校卒業。2007年洗足学園音楽大学卒業。2009年同大学院修了。 クラリネットを大浦綾子、高橋知己、千葉直師の各氏に、室内楽を平澤匡朗、板倉康明、岡田伸夫の各氏に師事。 ミシェル・アリニョン、ポール・メイエ、アレッサンドロ・カルボナーレ、ピーター・シュミードルの各氏の公開レッスンを、バスクラリネットにてサウロ・ベルティ氏の公開レッスンを受講。 受講料全額助成を受けロシア国立モスクワ音楽院マスタークラスを修了。 及川音楽事務所第21回新人オーディション合格。 2010年より親子で聴ける解説付きのコンサ-ト「CLARINET CLASSICS」~クラシック音楽の聴き方~をシリーズで行う。 2015年、東京にてソロ・リサイタルを開催。 オーケストラやアンサンブルまたソロで演奏活動を行っている。 また、ソルフェージュや音楽理論、アレクサンダーテクニークなどのレッスンや執筆、コンクール審査などの活動も行っている。 音楽教室N music salon 主宰。

-アナリーゼ, 思考と心, 音楽理論

© 2021 聴く耳育成メソッド