コミュニケーション 思考と心 身体の仕組み

学んだことを忘れないために

コンサートや講座の後に
「勉強になりました」
なんて感想を言い合う光景、
よくありますよね。

これ、
一体どんなところに着目して聴いて
何が勉強になったのか、
はっきりしていて翌日にも
覚えているでしょうか。

有吉尚子です。こんにちは!

仕事や日常でも同じことですが、
人は一度「いいな」と思っても
どんどん忘れていくものです。

すごく良いなと感じた
コンサートや講座など、
どんなに素晴らしいと思ったことも
言葉にしないままでは
いつのまにか曖昧な記憶に
なっていってしまいますよね。

そんなとき、
ちゃんと自分の言葉にするのって
すごく役に立ちます。

その場ではなんとなく
わかったような気がしていても、
いざ備忘録にまとめようとすると
意外に覚えていなかったり
曖昧なことも出てきます。

記録するというのは単にメモに
なるだけでなく頭の整理にも
なるんですね。

さらにそれを誰かに教えてあげたり
SNSで発信してみたりすると、
伝わるように書くために
より自分の中で理解が進みます。

それにつながりのある方から
そのことを質問されたりなど
反応があると質問に答えたり
していくうちに何度も思い出して
さらに脳に定着するんだとか。

ただふむふむと情報を受取る人と
それを整理して記録する人、
誰かに伝わるよう発信する人、
同じ内容を受け取っても
学びの深さは全く変わるんです。

この記事を読んでるあなたは
ただ読む人ですか?

それとも自分なりに記録したり
実際試してみたり
誰かに伝えたりする人ですか?

こんな記事が毎日届くメール講座
〜スキマ時間で確実に上達する〜
【管楽器プレーヤーのための練習テクニック】
は無料でお読みいただけます。

この機会にぜひどうぞ♪

お名前(姓名)
 
メールアドレス
受信形式
HTMLメール
文字メール
※ezweb、docomoとガラケーは
文字化けしてしまいますので、
文字メールを選択してください。
メール講座

受信形式

HTMLメール

文字メール

-コミュニケーション, 思考と心, 身体の仕組み

© 2020 聴く耳育成メソッド