ソルフェージュ 練習

耳を良くする習慣

漠然と耳がよくなったらいいなー
なんて思っていたとしても、
普段自分がどんな風に音を
聴いているか振り返ってみたことは
あるでしょうか。

有吉尚子です。こんにちは!

習慣的にどんな音の聴き方を
しているかで演奏のときに
どれくらい注意を払えるかが
変わってきたりもするんですよ。

なぜかというと演奏中は楽器操作や
楽譜を読むことや周りを聴くことや
指揮者の動きを見ることなどなど
たくさんのことを同時進行で
やっているため、
意識的にやっていない無意識での
コントロールに頼る部分も
たくさんあるから。

息のことばかり考えている時は
どうやって聴こえる音に
注意を払うかという意図が
ついついお留守になったり
してしまいますよね。

そういうときにも無意識に
注意を払っていたいなら、
普段からそういう意図を持つのを
習慣にしてしまうのは有効です。

では耳を良くするために
日常の中でどんな風に
心がけたらいいのでしょうか。

スーパーで流れている曲や
駅で聴こえる電車の発着メロディ、
コンビニに入ったときの音など
高いパートと低いパートの
いくつかが使われていますね。

その中であなたが印象に残るなと
感じるのはどのパートでしょうか。

そういうちょっとしたメロディは
かなりシンプルに作られてることが
多いので聴き方の習慣が
わかりやすいんです。

印象に残ってるなと思うパートが
一番高いパートなのか
低いパートなのか真ん中なのか、
どれだと思いますか?

それがあなたの今の耳の使い方の
習慣です。

無意識に注意を向けている音域が
全体のどこに位置するパートなのか
わかりますね。

わかったら普段あんまり聴いてない
パートはどこだろう?
と注意して聴いてみましょう。

なにも気にしなければ今までの
習慣のままですが、
注意して聴きたいパートを選んで
聴こうとすることでその意図が
習慣になっていきます。

聴こえないと思っていても
聴力検査で問題がないのであれば
振動は耳から入っているものです。

その振動を意味のある情報として
受け取るようになってくると、
今まで聴こえなかった音が
聴こえてくるようになるんですね。

日常で出来るソルフェージュの
トレーニングのひとつです。

気に入ったらぜひ引き続き
やってみてくださいな!

こんな記事が毎日届くメール講座
〜スキマ時間で確実に上達する〜
【管楽器プレーヤーのための練習テクニック】
は無料でお読みいただけます。

この機会にぜひどうぞ♪

お名前(姓名)
 
メールアドレス
受信形式
HTMLメール
文字メール
※ezweb、docomoとガラケーは
文字化けしてしまいますので、
文字メールを選択してください。
メール講座

受信形式

HTMLメール

文字メール

-ソルフェージュ, 練習

© 2020 聴く耳育成メソッド