アレクサンダー・テクニーク 思考と心 練習

ゴールがわかってるだけじゃ頑張れない

Pocket

前回の記事では気分も体調も思考もその時々で移り変わって良いのでは、というお話でした。

有吉尚子です。こんにちは!

生きている限りそういう状態の日常的な変化は起こり続けるものですが、理想とするものが明確なこと以上に現状認識が大切なのはなぜなんでしょうか。

本当はそうでないことを演じるというのはそもそも無駄に疲れますがそれだけではありません。

20161009_193226

「こうありたい」という目標に向かって進むにはそこにたどり着くまでの距離が遠いほどたくさんのエネルギーが必要になります。

ほんのちょっとの注意力でクリアできる課題と何年もかけて積み上げなければ達成できない課題とでは取り組み方が違います。

もしかしたら理想とする自分の姿と今の姿のギャップをはっきり見てみるのは勇気のいることかもしれませんね。

それでも、ゴールだけでなくスタートがどこなのかを知らなければ話は始まりません。

理想と現実のギャップこそが理想に近づくためのパワーになるのだとしたら、試しにそのギャップがどれくらいなのか調べてみたくなりませんか?

もしかしたら、遠すぎてたどり着けないと思ってたことが残り3ステップで到着できることだってわかることもあるかもしれませんよ!

現状の正しい認識をしないのはそこから目をそらし続けるストレスで思考が圧迫されるだけでなく、先へ進むために何をすればいいか考えることの邪魔までしてしまうというリスクだってあります。

それにどこをどう通ってゴールにたどり着いたのか自分でわかればそれを知りたいあとからくる人の助けになることだって出来ちゃいますね。

ゴールだけじゃなくスタートもはっきりさせる、ピンときたら取り入れてみてくださいね!

メール講座では演奏に必要なスキルについてさらに詳しく毎日無料でお届けしています。ぜひ読者登録してくださいね!
完全無料

受信形式

HTMLメール

文字メール

  • この記事を書いた人

有吉 尚子

クラリネット奏者。 栃木県日光市出身。 都立井草高等学校卒業。2007年洗足学園音楽大学卒業。2009年同大学院修了。 クラリネットを大浦綾子、高橋知己、千葉直師の各氏に、室内楽を平澤匡朗、板倉康明、岡田伸夫の各氏に師事。 ミシェル・アリニョン、ポール・メイエ、アレッサンドロ・カルボナーレ、ピーター・シュミードルの各氏の公開レッスンを、バスクラリネットにてサウロ・ベルティ氏の公開レッスンを受講。 受講料全額助成を受けロシア国立モスクワ音楽院マスタークラスを修了。 及川音楽事務所第21回新人オーディション合格。 2010年より親子で聴ける解説付きのコンサ-ト「CLARINET CLASSICS」~クラシック音楽の聴き方~をシリーズで行う。 2015年、東京にてソロ・リサイタルを開催。 オーケストラやアンサンブルまたソロで演奏活動を行っている。 また、ソルフェージュや音楽理論、アレクサンダーテクニークなどのレッスンや執筆、コンクール審査などの活動も行っている。 音楽教室N music salon 主宰。

-アレクサンダー・テクニーク, 思考と心, 練習

© 2021 聴く耳育成メソッド