楽器練習効率化ガイドブック

前回は普段できているのに
本番だけミスをするのは本番だけ
いつもと違う思考をするから
ということでした。

では普段と違うその思考を
どうしたらいいのでしょうか。

有吉尚子です。こんにちは!

ついミスをしてしまうのを
なんとかしたいという生徒さんに
ミスした時にどんなことを
考えていましたか?
と尋ねて返って来がちな答えに
「緊張していました」
というのがあります。

20160920_152400

緊張していたのは本当でしょうが、
それが原因ではないんですね。

もう一歩掘り下げてみましょう。

そこには緊張を引き起こす思考
何かあったはず。

何を考えたらその緊張が
出てきたのでしょうか。

色々あるでしょうがもしかしたら
「音を出すのが怖い」
「できれば音を出さずにいたい」
なんて心のどこかで思っては
いなかったでしょうか。

無意識にでも「音を出さない」
ことが願いとしてあれば、
身体は固まったりして
音を出さない方向へ
動きを起こしていくようです。

それでも本番で自分の出番なのに
音を出さないわけにはいかないから
思い切って出しますよね。

音を出さない動きが
すでに起きている上で、
音を出すという矛盾した指令
脳から身体に出てしまっていたら
どうなるでしょうか。

そりゃ混乱しますよね。

練習の時にしない反応をして
しまうのは当たり前のことです。

そういう時はなぜ音を出すのが
怖いのかを掘り下げて、
自分の本当の願いが演奏すること
なのかそれとも無難に静かに
していることなのか整理するのも
一つのアイデアです。

演奏には演奏技術以外のことも
たくさん関係しているものですね!

こんな記事が毎日届くメール講座
〜スキマ時間で確実に上達する〜
【管楽器プレーヤーのための練習テクニック】
は無料でお読みいただけます。

この機会にぜひどうぞ♪

お名前(姓名)
 
メールアドレス
受信形式
HTMLメール
文字メール
※ezweb、docomoとガラケーは
文字化けしてしまいますので、
文字メールを選択してください。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。