アレクサンダー・テクニーク ソルフェージュ レッスン 思考と心 練習 身体の仕組み

時間がない時の練習法

練習はしたいけれど
どうしても時間が取れない、
そんなときどうしていますか?

有吉尚子です。こんにちは!

レッスンで先生に相談しても
「なんとか時間を作ってください」
なんて答えが返ってきては
困ってしまいますよね。

DSC_0053

そういう時はやりたい曲に
必要なステップを細かく分けて
5分で出来るようチャンクダウン
してみるのも一つの手段です。

新しい曲や複雑なフレーズを
練習するとき、
引っかかったところをやみくもに
繰り返して練習したりなんてせず
丁寧に楽譜を読んで
ソルフェージュをはっきりさせる
のは効果的です。

そういう練習の仕方の知識や習慣が
なかったり急いでいたりすると
「時間がないから最初から
インテンポで!」
なんてことをしてしまいがち。

そういう一か八かのトライを
何度も繰り返して偶然成功する
ときもあればたくさんの失敗も
するでしょう。

そうすると脳は無意識だろうと
全部覚えますから、
たくさん繰り返したことが
身につきますね。

何度も失敗していれば、
それは失敗するための練習に
なってしまいます。

そうやって望むことに繋がらない
手段で押し切ろうとして
結局うまくいかないことをするのは
時間も体力も勿体ないですよね。

望む結果を実現しようと思ったら
その結果が引き起こされるのに
必要なだけの手順を踏むのが
遠回りのようでやっぱり近道。

複雑なフレーズがスムーズに演奏
できるようになりたい場合は
とにかくインテンポで繰り返す
というのは無意味どころか
有害でさえあります。

ここでの目的にきちんと
繋がる手順というのは
やっぱりゆっくりからやること。

指も息のコントロールも
タンギングも、
まずは確実にできるくらい
ゆっくりなテンポで
成功した体験を
積み上げることが大切。

そして失敗したら
反射的にやり直したりしないで
一呼吸おき、どういうところが
なぜできなかったのか、
次はどういうトライをしようか、
トライしてみたらその結果
わかったことはなにか、
ということを考えてから
もう一度音を出すことを
勧めたいですね。

めんどうなようですが
そうやって計画と行動と結果を
毎回ちゃんと考えると
100回無意味に繰り返すより
ずっと短時間で上手くなります。

忙しくて練習時間があまり
取れない方にこそオススメです。

とはいえゆっくりからだんだん速く
していく練習には少し時間をかけて
丁寧に行う必要があります。

どうしても忙しくて一回か二回
全体を通すくらいしか時間が
取れない場合、
声に出してそれが読めて
心に余裕を持って演奏できる、
絶対に間違えようのないほど
ゆっくりなテンポで一回だけ
通すのがおすすめです。

ソルフェージュと身体の
コントロールに必要なことが
はっきりしてそれが脳に定着
していきます。

その後、テンポを上げた時に
むやみに速くしかやらなかった
場合に比べて段違いに正確で
コントロールの行き届いた
演奏になること間違いなしです。

練習方法についてレッスンで
触れることってなかなか
ありませんが手順を
理解するのは大切。

高い場所に行きたければ
壁に体当たりして玉砕・・
なんてことせず登れる階段を
作ってしまうのが一番ですね!

20161104_174205

どうぞ取り入れてみてくださいね!

もっと色々詳しく知りたいよ!
という方はメール講座
〜スキマ時間で確実に上達する〜
【管楽器プレーヤーのための練習テクニック】
が無料でご購読いただけます。

この機会にぜひどうぞ♪

お名前(姓名)
 
メールアドレス
受信形式
HTMLメール
文字メール
※ezweb、docomoとガラケーは
文字化けしてしまいますので、
文字メールを選択してください。
メール講座

受信形式

HTMLメール

文字メール

-アレクサンダー・テクニーク, ソルフェージュ, レッスン, 思考と心, 練習, 身体の仕組み

© 2020 聴く耳育成メソッド