コミュニケーション レッスン 合奏・アンサンブル 思考と心 練習

情熱を持たせることはできるか

Pocket

「もっと情熱を持ってやろうよ!」なんて言われると「情熱を持って取り組む」って具体的に何をすることなんだろう?なんて思ってしまいます。

有吉尚子です。こんにちは!

「もっと気合いを入れろ!」なんてレッスンも漠然としすぎて小学校の黒板の上に貼ってあったクラス目標みたいだなあ、なんて変なことを連想してしまいますね。

%e3%83%80%e3%82%a6%e3%83%b3%e3%83%ad%e3%83%bc%e3%83%89-7

「元気にはつらつと!」「輝く未来に向かって!」みたいな。

何がさせたくてそれは誰にどんなメリットがあるんだ、なんて声に出したら可愛くない小学生ですが(笑)

自分に向かってもっと気合い!なんて思うのはそれは自分にとって行動するのに充分な具体性がある言葉なので有効だと思います。

でも他人とそれを共有しようとするなら一度立ち止まって中身を具体的に考えてみても良いかもしれませんね。

今の私にとっての「情熱を持って取り組む」というのは、どれだけの時間をそれに割く気になるか、だと思ってます。

もちろんそれが正解なんてことではありませんし、色んな考えの方がいるでしょうが。

誰にとっても時間は同じだけしか与えられてなくて、身を置く状況はそれぞれです。

その中で、どうしてもやりたくないこと何がどうなろうと我慢できないことなど絶対に避けることはありますよね。

それは自分の人生の時間をそれに取られたくないってことだと思います。

反対にどんなに忙しくてもこれだけは絶対にやる!一日一分でも良いから時間を作る!なんてこともあるんじゃないでしょうか。

例えばコーヒー好きな人なら通勤の乗り換え駅でテイクアウトでもコーヒーを買うとか。

音大生なんかはちょっとでも早く学校について例え2分でも音出しをしてから授業に行き、お昼ご飯は急いで食べ終えて余った時間はまた練習室にこもり、トイレに向かって行く数秒間も「あのフレーズはどうやろうか」なんて鼻歌で色々歌いながら歩き、家族や恋人に文句を言われても休日も練習や勉強をしています。

20161210_164400

そうやってなんとかかんとか時間を見つけてでもやりたいこと、誰にでもあると思います。

トイレに向かって歩いてるその数秒でもゲーム画面を開いてポケモンを捕まえる人も同じことなんじゃないでしょうか。

それって別にやる気とか才能とかじゃなくてただ「やりたいから」っていう単純なことなんですよね。

頑張ってるように見える人に聞くと「やらざるを得ないから」なんて答えが返ってくることは多いですが、どんなにやらざるを得なくたってやりたくないことをトイレに行く数秒の間にしようとはしません。

やるということを選択するのにはそんなに努力や自己啓発なんて実はいらないんですよね。

そして音楽にそのように取り組むように他人をけしかけることなんかできないと思います。

刺激を受けてやりたくなるのはけしかけられら時じゃなくて楽しそうに人生をかけている人を見た時なんじゃないでしょうか。

あなたには情熱を持って取り組みたくなること、何かありますか?

メール講座では演奏に必要なスキルについてさらに詳しく毎日無料でお届けしています。ぜひ読者登録してくださいね!
完全無料

受信形式

HTMLメール

文字メール

  • この記事を書いた人
有吉 尚子

有吉 尚子

クラリネット奏者。 栃木県日光市出身。 都立井草高等学校卒業。2007年洗足学園音楽大学卒業。2009年同大学院修了。 クラリネットを大浦綾子、高橋知己、千葉直師の各氏に、室内楽を平澤匡朗、板倉康明、岡田伸夫の各氏に師事。 ミシェル・アリニョン、ポール・メイエ、アレッサンドロ・カルボナーレ、ピーター・シュミードルの各氏の公開レッスンを、バスクラリネットにてサウロ・ベルティ氏の公開レッスンを受講。 受講料全額助成を受けロシア国立モスクワ音楽院マスタークラスを修了。 及川音楽事務所第21回新人オーディション合格。 2010年より親子で聴ける解説付きのコンサ-ト「CLARINET CLASSICS」~クラシック音楽の聴き方~をシリーズで行う。 2015年、東京にてソロ・リサイタルを開催。 オーケストラやアンサンブルまたソロで演奏活動を行っている。 また、ソルフェージュや音楽理論、アレクサンダーテクニークなどのレッスンや執筆、コンクール審査などの活動も行っている。 音楽教室N music salon 主宰。

-コミュニケーション, レッスン, 合奏・アンサンブル, 思考と心, 練習

© 2021 聴く耳育成メソッド