思考と心 練習

絶対に誰にでも効果のある基礎練

Pocket

有吉尚子です。こんにちは!

タイトルを見て「そんなのあるわけないじゃん!」と思った方、その通りです。

「そんな上手い練習方法があるなら知りたい!」と思った方、私も知りたいです(笑)

むしろ万が一『絶対に誰にでも効果のある』なんてものを勧められたら、詐欺ですから注意しましょう。

20161128_185341

日課練習にしろ譜読みのし方にしろどんな段階でも通用するなんてことはまずありません。

本番までの時間やその人のスキル、かけられるエネルギーによってぴったりな練習というのは変わってきます。

極端な例えをするなら楽器を持って2日目の人は丁寧に一音一音ロングトーンをするのは安定したブレスコントロールや楽器の特徴を知るのにとても役に立つ練習方法です。

でも初心者に役立つからと言ってベテラン奏者が本番まで残り10分しかないタイミングで渡された初めての曲をやるようなときにロングトーンから始めませんよね。

途中で息がプルプルしたりせず音を出せるようになったら次はダイナミクスの変化をつけたりアーティキレーションを変えたり実際の曲の中で対応できることを増やす練習をする必要があります。

テクニックに不安がなくなったら今度はスキルアップよりコンディションの維持が第一の目的で基礎練をすることもあるかもしれません。

それぞれの段階や状況で必要なことは違うものです。

「初めての時に先生にやれって言われたから」なんて初心者の時と全く同じことを
無検証に続けて時間をムダにしていないか振り返ってみるのもたまにはいいかもしれませんね!

メール講座では演奏に必要なスキルについてさらに詳しく毎日無料でお届けしています。ぜひ読者登録してくださいね!
完全無料

受信形式

HTMLメール

文字メール

  • この記事を書いた人
有吉 尚子

有吉 尚子

クラリネット奏者。 栃木県日光市出身。 都立井草高等学校卒業。2007年洗足学園音楽大学卒業。2009年同大学院修了。 クラリネットを大浦綾子、高橋知己、千葉直師の各氏に、室内楽を平澤匡朗、板倉康明、岡田伸夫の各氏に師事。 ミシェル・アリニョン、ポール・メイエ、アレッサンドロ・カルボナーレ、ピーター・シュミードルの各氏の公開レッスンを、バスクラリネットにてサウロ・ベルティ氏の公開レッスンを受講。 受講料全額助成を受けロシア国立モスクワ音楽院マスタークラスを修了。 及川音楽事務所第21回新人オーディション合格。 2010年より親子で聴ける解説付きのコンサ-ト「CLARINET CLASSICS」~クラシック音楽の聴き方~をシリーズで行う。 2015年、東京にてソロ・リサイタルを開催。 オーケストラやアンサンブルまたソロで演奏活動を行っている。 また、ソルフェージュや音楽理論、アレクサンダーテクニークなどのレッスンや執筆、コンクール審査などの活動も行っている。 音楽教室N music salon 主宰。

-思考と心, 練習

© 2021 聴く耳育成メソッド