コミュニケーション レッスン 思考と心 練習

ストレスは自分のワガママが起こすのかも?

Pocket

趣味で演奏していると練習が間に合わない人や合奏になかなか出席できない人とも一緒にやる機会がたくさんあると思います。

そんなとき、「練習してきてください」「出席してください」なんて伝えるとそうしてもらえるでしょうか。

有吉尚子です。こんにちは!

相手に対するただの要求では例え誠意を持って伝えたとしても、得てして全く効果がないでしょう。

20161128_184750

それはなぜなんでしょうか。

趣味だと仕事の演奏とは違いますから色んな状況の人がいることでしょう。

お互いにやりたいことが違ってればモチベーションに差が出てしまうのも仕方のないこと。

レッスンなどで先生が伝えるという場合も含め、練習は他人が無理やりにやらせるものではなく、本人がやりたいからするものです。

考えてみれば誰だって他人から強制されたことなんてやりたくありませんよね。

宿題やりなさい!って言われたら「やろうと思ってたけどやっぱりやらない!」ってなるのと同じです。

レッスンのときには「これが出来たらこんなに楽しいよ」「発表会までに出来なきゃ困るでしょ」なんて色んな角度からあの手この手で生徒さんが練習したくなるように先生が工夫をします。

でもアマチュア楽団では熱心な参加者は先生ではないし、不熱心な参加者は生徒ってわけではありません。

熱心な参加者も不熱心な参加者も立場としては対等ですから自分が熱心だからといって不熱心な人のモチベーションの管理までする必要は全くありません。

それでも練習してきて欲しい、もっと頻繁に合奏に参加して欲しいと思うのは一体なぜですか?

一緒に演奏をより良くして本番に臨みたい、もっとコミュニケーションを取って一緒に楽しみたい、など相手を必要とする欲求があるのではないでしょうか。

実はそれは熱心にやりたいと思う人の個人的な欲求です。

個人的な欲求を通そうと思うならお互いに無理のない形で参加したくなるように引き込む工夫をするのはどうでしょうか。

例えば指が複雑で間に合ってないような箇所があれば休憩中に「ちょっとだけ一緒にやってみない?」なんて誘うのはどうでしょう。

「できてないんだからもっと練習してよ!」なんて言うよりずっとお互いに気持ちよく練習を進めていけますよね。

相手に責任があると感じることも実は自分の欲求が引き起こしているストレスだというケース、多いです。

ピンときたら是非振り返ってみて下さいね!

メール講座では演奏に必要なスキルについてさらに詳しく毎日無料でお届けしています。ぜひ読者登録してくださいね!
完全無料

受信形式

HTMLメール

文字メール

  • この記事を書いた人

有吉 尚子

1982年栃木県日光市(旧今市市)生まれ。小学校吹奏楽部にてクラリネットに出会い、高校卒業後19才までアマチュアとして活動する。20才のときに在学していた東京家政大学を中退し音大受験を決意。2003年洗足学園音楽大学入学。在学中から演奏活動を開始。 オーケストラや吹奏楽のほか、CDレコーディング、イベント演奏、テレビドラマBGM、ゲームのサウンドトラック収録など活動の幅を広げ2009年に洗足学園音楽大学大学院を修了。受講料全額助成を受けロシア国立モスクワ音楽院マスタークラスを修了。  及川音楽事務所第21回新人オーディション合格の他、コンクール・オーディション等受賞歴多数。 NHK「歌謡コンサート」、TBSテレビドラマ「オレンジデイズ」、ゲーム「La Corda d'Oro(金色のコルダ)」ほか出演・収録多数。 これまでに出演は1000件以上、レパートリーは500曲以上にのぼる。 レッスンや講座は【熱意あるアマチュア奏者に専門知識を学ぶ場を提供したい!】というコンセプトで行っており、「楽典は読んだことがない」「ソルフェージュって言葉を初めて聞いた」というアマチュア奏者でもゼロから楽しく学べ、確かな耳と演奏力を身につけられると好評を博している。 これまでに延べ1000名以上が受講。発行する楽器練習法メルマガ読者は累計5000名以上。 「ザ・クラリネット」(アルソ出版)、吹奏楽・管打楽器に関するニュース・情報サイト「Wind Band  Press」などに記事を寄稿。 現在オーケストラやアンサンブルまたソロで演奏活動のほか、レッスンや執筆、コンクール審査などの活動も行っている。 BODYCHANCE認定アレクサンダーテクニーク教師。 日本ソルフェージュ研究協議会会員。音楽教室N music salon 主宰。

-コミュニケーション, レッスン, 思考と心, 練習

© 2021 聴く耳育成®メソッド