コミュニケーション 思考と心 練習

逆効果なダメ出し

仲間の演奏者や生徒さんに対して
「これを指摘しなくちゃ!」
なんて思うことはあるでしょうか。

有吉尚子です。こんにちは!

もしも合奏中にお隣で
とんでもない音程で吹かれたら
気になってしまうことも
あるかもしれませんね。

20161128_184437

そんなときは単純に
「ここの音程をどうこうして」
なんてことを言ってはなかなか
受け入れてもらえないし、
相手を萎縮させてしまって
逆にミスが増える、
なんてことにも繋がりがちです。

例えば変な音程で吹いているなら
それはなぜなんでしょうか。

周りのハーモニーが
聴き取れていないのかもしれないし
聴き取った上でそれが正しいと
思って出しているかもしれません。

または周りがずれていて
どこに音程を寄せるべきか
迷っているのかもしれません。

他にも楽器の具合が悪いのかも
しれないし、運指を間違えて覚えて
しまってるのかも。

色んな可能性が考えられますが
何かしてるなら必ず何かしらの
理由があるはずなんですね。

それがなにかを客観的に聞いて
判断できる必要はありませんが、
本人が正しいと思って
やっていることを頭から否定しても
コミュニケーションが成り立つ
わけがありませんよね。

「今のは自分にはこう聞こえるけど
それはどういう意図で
やってるんですか?」
なんて質問をするだけでも、
考えたり自分を振り返るきっかけに
なることは多いです。

流行りはこういう歌い回しだとか
普通はこうやるものだとか、
作品によっては色んなイメージを
持ってることもあるでしょうが、
「この人はダメだから自分にとっての
正解をその人にも伝えなくちゃ」
なんていうのはおかしな話

手当たり次第にアドバイスをしまくって
「自分は間違ったことをしていた」
なんて思わせてしまっても萎縮させる
だけで誰の得にもなりません。

自分が思ってることと相手の意図、
ぜひとも両方とも尊重した
コミュニケーションの取り方
考えていきたいですね!

もっと色々詳しく知りたいよ!
という方はメール講座
〜スキマ時間で確実に上達する〜
【管楽器プレーヤーのための練習テクニック】
が無料でご購読いただけます。

この機会にぜひどうぞ♪

お名前(姓名)
 
メールアドレス
受信形式
HTMLメール
文字メール
※ezweb、docomoとガラケーは
文字化けしてしまいますので、
文字メールを選択してください。
メール講座

受信形式

HTMLメール

文字メール

-コミュニケーション, 思考と心, 練習

© 2020 聴く耳育成メソッド