コミュニケーション 思考と心 練習

逆効果なダメ出し

Pocket

仲間の演奏者や生徒さんに対して「これを指摘しなくちゃ!」なんて思うことはあるでしょうか。

有吉尚子です。こんにちは!

もしも合奏中にお隣でとんでもない音程で吹かれたら気になってしまうこともあるかもしれませんね。

20161128_184437

そんなときは単純に「ここの音程をどうこうして」なんてことを言ってはなかなか受け入れてもらえないし、相手を萎縮させてしまって逆にミスが増える、なんてことにも繋がりがちです。

例えば変な音程で吹いているならそれはなぜなんでしょうか。

周りのハーモニーが聴き取れていないのかもしれないし聴き取った上でそれが正しいと思って出しているかもしれません。

または周りがずれていてどこに音程を寄せるべきか迷っているのかもしれません。

他にも楽器の具合が悪いのかもしれないし、運指を間違えて覚えてしまってるのかも。

色んな可能性が考えられますが何かしてるなら必ず何かしらの理由があるはずなんですね。

それがなにかを客観的に聞いて判断できる必要はありませんが、本人が正しいと思ってやっていることを頭から否定してもコミュニケーションが成り立つわけがありませんよね。

「今のは自分にはこう聞こえるけどそれはどういう意図でやってるんですか?」なんて質問をするだけでも、考えたり自分を振り返るきっかけになることは多いです。

流行りはこういう歌い回しだとか普通はこうやるものだとか、作品によっては色んなイメージを持ってることもあるでしょうが、「この人はダメだから自分にとっての正解をその人にも伝えなくちゃ」なんていうのはおかしな話

手当たり次第にアドバイスをしまくって「自分は間違ったことをしていた」なんて思わせてしまっても萎縮させるだけで誰の得にもなりません。

自分が思ってることと相手の意図、ぜひとも両方とも尊重したコミュニケーションの取り方を考えていきたいですね!

メール講座では演奏に必要なスキルについてさらに詳しく毎日無料でお届けしています。ぜひ読者登録してくださいね!
完全無料

受信形式

HTMLメール

文字メール

  • この記事を書いた人
有吉 尚子

有吉 尚子

クラリネット奏者。 栃木県日光市出身。 都立井草高等学校卒業。2007年洗足学園音楽大学卒業。2009年同大学院修了。 クラリネットを大浦綾子、高橋知己、千葉直師の各氏に、室内楽を平澤匡朗、板倉康明、岡田伸夫の各氏に師事。 ミシェル・アリニョン、ポール・メイエ、アレッサンドロ・カルボナーレ、ピーター・シュミードルの各氏の公開レッスンを、バスクラリネットにてサウロ・ベルティ氏の公開レッスンを受講。 受講料全額助成を受けロシア国立モスクワ音楽院マスタークラスを修了。 及川音楽事務所第21回新人オーディション合格。 2010年より親子で聴ける解説付きのコンサ-ト「CLARINET CLASSICS」~クラシック音楽の聴き方~をシリーズで行う。 2015年、東京にてソロ・リサイタルを開催。 オーケストラやアンサンブルまたソロで演奏活動を行っている。 また、ソルフェージュや音楽理論、アレクサンダーテクニークなどのレッスンや執筆、コンクール審査などの活動も行っている。 音楽教室N music salon 主宰。

-コミュニケーション, 思考と心, 練習

© 2021 聴く耳育成メソッド