コミュニケーション 合奏・アンサンブル 思考と心 練習

音楽優先なのがエライ?

Pocket

「やる気がないなら出て行け!」「できなかったら罰として 走ってこい!」こんな指導、今ではほとんど見かけないのでちょっと懐かしいですね。

不快な思い出として心に残っているという方も少なくないのでは、と思います。

有吉尚子です。こんにちは!

この昔なつかしい指導、ちょっと逆の発想として、もしも自分が当時の先生の立場になってみることができるなら、どんな風に指導するでしょうか。

最初から意欲にあふれた生徒に教えるのは簡単ですよね。

そうじゃない場合、やる気のない人は排除するか、なんとか一緒に楽しめるやり方を模索するか二択になると思います。

アマチュア楽団や専門家を目指さない生徒さんの場合は、特にやる気に満ち溢れている訳ではないけど音楽は好き、という人も多いです。

そういう人は「やる気がないからダメ」なのでしょうか。

なかなか練習ができない日が続いたとしても、やっぱり音楽をしたいから合奏の現場に出かけるのですよね。

その上で、その人の生活に音楽よりも優先したい大切なことがあるとしたら、それは責められるようなことなんでしょうか。

演奏をよりよくするために努力したいとか可能な限りの準備をして合奏に臨むというのはプロなら当たり前の前提条件です。

でも別にそういうコンセプトで集まった訳ではないアマチュアの楽団で出席率のいい熱心な人がそうでない人を批判したりして人間関係が悪くなってしまうのは、そもそもコミュニケーションが必要なアンサンブルにも悪い影響が出るしせっかく出会ったご縁が壊れてしまうのはもったいないことですね。

もちろん趣味だとしても真剣に音楽を掘り下げたいと思うのは素晴らしいことですが、それを主張する時には少し立ち止まって相手が同じ志を持った仲間なのかどうかを考えてみるのもいいかもしれませんね。

みなさんが思いを共有できる仲間と音楽を楽しめますように。

メール講座では演奏に必要なスキルについてさらに詳しく毎日無料でお届けしています。ぜひ読者登録してくださいね!
完全無料

受信形式

HTMLメール

文字メール

  • この記事を書いた人
有吉 尚子

有吉 尚子

クラリネット奏者。 栃木県日光市出身。 都立井草高等学校卒業。2007年洗足学園音楽大学卒業。2009年同大学院修了。 クラリネットを大浦綾子、高橋知己、千葉直師の各氏に、室内楽を平澤匡朗、板倉康明、岡田伸夫の各氏に師事。 ミシェル・アリニョン、ポール・メイエ、アレッサンドロ・カルボナーレ、ピーター・シュミードルの各氏の公開レッスンを、バスクラリネットにてサウロ・ベルティ氏の公開レッスンを受講。 受講料全額助成を受けロシア国立モスクワ音楽院マスタークラスを修了。 及川音楽事務所第21回新人オーディション合格。 2010年より親子で聴ける解説付きのコンサ-ト「CLARINET CLASSICS」~クラシック音楽の聴き方~をシリーズで行う。 2015年、東京にてソロ・リサイタルを開催。 オーケストラやアンサンブルまたソロで演奏活動を行っている。 また、ソルフェージュや音楽理論、アレクサンダーテクニークなどのレッスンや執筆、コンクール審査などの活動も行っている。 音楽教室N music salon 主宰。

-コミュニケーション, 合奏・アンサンブル, 思考と心, 練習

© 2021 聴く耳育成メソッド