アレクサンダー・テクニーク レッスン 練習 身体の仕組み

大きい音がキツくなる原因

Pocket

ピアノで吹く時は優しい音なのにフォルテになると途端にキツくなるなんてことはないでしょうか。

有吉尚子です。こんにちは!

性格がガサツだからそうなってしまうのでしょうか。

まさかそんなことあるわけないですね。

私は大学院時代、管楽器専攻の仲間と家飲み鍋会をした時に鱈を切らずにパックからそのままスルーっと鍋に入れて「なんで切らないの!雑すぎる!」とヒンシュクをかいました(笑)

で、レッスンの時にもお師匠に「お前はその雑な性格が丸出しなんだよ!」なんてよく言われてましたね。(もちろん先生の冗談です)

それ以来鍋会をする時はできるだけ手出しをしないことに決めていますが(笑)音質はそんな性格とは全く関係ありません。

ピアノで吹く時に優しい音が出せるということはそもそも優しい音の出し方は知ってるわけですよね。

そこからフォルテになるにはどんな動作が必要でしょうか。

こう尋ねると大抵の場合に「息をたくさん使う」というようなお返事があります。

%e3%83%80%e3%82%a6%e3%83%b3%e3%83%ad%e3%83%bc%e3%83%89-5

正解ですね!

そして使う息を増やす時に同時に起きてしまってることが、音をきつくさせる原因としてありがちなことの一つです。

それは腹筋群(たくさんあります)が働くのと同時に口周りの筋肉の締め付けが起きること。

もちろん通る息の量を増やすとその圧力でアンブシュアがゆるんでしまいがちなので、それはコントロールする必要があります。

でもそこで必要以上に締め付けの圧力や顎の噛みの力を使うと、低い倍音で豊かな印象を作る大きな振動を止めることになり、結果吹きにくくて疲れる上に高い倍音が強調された鋭い音になるということが起きがちです。

フォルテになる時はもちろんピアノの時よりもたくさんのパワーが必要ではありますが、どこでどんな仕事をするのが望んだ音を作るのに役に立つかは整理してみるのもいいかもしれませんね!

メール講座では演奏に必要なスキルについてさらに詳しく毎日無料でお届けしています。ぜひ読者登録してくださいね!
完全無料

受信形式

HTMLメール

文字メール

  • この記事を書いた人

有吉 尚子

クラリネット奏者。 栃木県日光市出身。 都立井草高等学校卒業。2007年洗足学園音楽大学卒業。2009年同大学院修了。 クラリネットを大浦綾子、高橋知己、千葉直師の各氏に、室内楽を平澤匡朗、板倉康明、岡田伸夫の各氏に師事。 ミシェル・アリニョン、ポール・メイエ、アレッサンドロ・カルボナーレ、ピーター・シュミードルの各氏の公開レッスンを、バスクラリネットにてサウロ・ベルティ氏の公開レッスンを受講。 受講料全額助成を受けロシア国立モスクワ音楽院マスタークラスを修了。 及川音楽事務所第21回新人オーディション合格。 2010年より親子で聴ける解説付きのコンサ-ト「CLARINET CLASSICS」~クラシック音楽の聴き方~をシリーズで行う。 2015年、東京にてソロ・リサイタルを開催。 オーケストラやアンサンブルまたソロで演奏活動を行っている。 また、ソルフェージュや音楽理論、アレクサンダーテクニークなどのレッスンや執筆、コンクール審査などの活動も行っている。 音楽教室N music salon 主宰。

-アレクサンダー・テクニーク, レッスン, 練習, 身体の仕組み

© 2021 聴く耳育成メソッド