アレクサンダー・テクニーク 本番 身体の仕組み

本番だけブレスが持たない

Pocket

練習のときは問題なく息が続くのに本番になるとブレスが持たなくなる。

それにはちゃんと理由があるのです。

ブレスを妨げてしまう原因は何なのか、一緒に見ていきましょう。

なぜ本番だけ息が持たなくなるのか

ブレスの仕方について考える時、横隔膜や肺やお腹についてはよく気をつけるでしょうが姿勢についてはどうでしょうか。

誰にも見られていない練習のときと大勢のお客さんを前にしたとき、まったく同じモードでいる人はほとんどいないでしょう。

「見られている」という意識はわたしたちの姿勢を変えてしまうこともあるのです。

ひとりきりの練習ではどうでもいいラクな服を着てどうでもいい姿勢でいることも問題なく出来たとしても、大ホールのステージに立てば自然に背筋が伸びたり礼儀正しい振る舞いを心がけたりしませんか?

そんなときはやはり窮屈で身動きが取りにくくなるもの。

では身動きが取りにくいとなぜブレスが不自由になるのでしょうか。

背筋を伸ばしたら吹きにくい

なぜ背筋をピンとしようとしたり「良い姿勢」でいるときに吹きにくいのかというと、そういうときには自然な状態では本来当たり前に起きているはずの背骨の動きが邪魔されてしまっていることが多いから。

人間の背骨は呼吸によってよりカーブしたり少しカーブが緩やかになって伸びたりしています。

それが起きているのが自然な呼吸をできているときなのです。

そして背筋ピン!のモードのときはその呼吸につれて動く背骨の動きが阻害されてしまいがち。

背骨が動きにくければ呼吸も不自由になるもの。

だからいつもの動けるモードなときのブレスで吸える空気の量と人前で背筋ピンモードで吸える空気の量は変わってくるのは当たり前なのです。

身体は常に全体が連動しているので姿勢を固定したままで横隔膜やらお腹やらで何かしようとしてもそれは無茶というもの。

いつもは平気なのに本番の時だけブレスが持たなくなる問題、ありがちな理由のひとつです。

姿勢を変えられない楽器

それなら誰でも姿勢を固定せずに吹きたいと思うでしょう。

そうはいっても楽器を持ち上げて演奏しているなら背骨や胴体の長さが自由に変えられブレスもコントロールできますが、バスクラリネットやバリトンサックスやバスサックスなどエンドピンがあるため地面から楽器の距離を変えることのできない楽器も存在します。

チューバや奏法によってはユーフォもマウスピースの高さを変えにくい印象があるでしょうか。

これらの楽器は一度高さを決めたらマウスピースの位置も演奏中には簡単に変えられないので自分で持ち上げて吹ける楽器より不自由に感じるかもしれません。

とはいえそこは工夫次第。

やりようはいくらでもあるものです。

エンドピンがあっても快適に吹くには

もちろん自分が「背筋ピン」のモードで届く高さピッタリにしたらそれ以上はどうにも動けませんが、あらかじめほんの少しだけ低めにセットしておくことも出来るはず。

それによって演奏中に背骨の長さが変わる伸び縮み分を足首や膝や股関節の曲げ伸ばしで調整することができるのです。

つまり頭が動けないなら身体が反対方向に動くことでバランスを取れるということ。

背骨のことは背骨だけで解決しなくても、わたしたちの身体には無数の関節があるのですから。

座っていても調整できるもの

合奏やアンサンブルでは椅子に座っていて脚の関節があまり活用できないことも多くあるでしょうが、楽器や顔の角度調整によって背骨の長さ変化に対応することはやはり可能です。

人間は頭が動かせないなら他の部分でカバーすることが出来るのですから頭の位置が変えられないから仕方ないと諦めたりせずに自分に合った吹きやすい奏法を探して行きたいものですね。

メール講座では演奏に必要なスキルについてさらに詳しく毎日無料でお届けしています。ぜひ読者登録してくださいね!
完全無料

受信形式

HTMLメール

文字メール

  • この記事を書いた人

有吉 尚子

1982年栃木県日光市(旧今市市)生まれ。小学校吹奏楽部にてクラリネットに出会い、高校卒業後19才までアマチュアとして活動する。20才のときに在学していた東京家政大学を中退し音大受験を決意。2003年洗足学園音楽大学入学。在学中から演奏活動を開始。 オーケストラや吹奏楽のほか、CDレコーディング、イベント演奏、テレビドラマBGM、ゲームのサウンドトラック収録など活動の幅を広げ2009年に洗足学園音楽大学大学院を修了。受講料全額助成を受けロシア国立モスクワ音楽院マスタークラスを修了。  及川音楽事務所第21回新人オーディション合格の他、コンクール・オーディション等受賞歴多数。 NHK「歌謡コンサート」、TBSテレビドラマ「オレンジデイズ」、ゲーム「La Corda d'Oro(金色のコルダ)」ほか出演・収録多数。 これまでに出演は1000件以上、レパートリーは500曲以上にのぼる。 レッスンや講座は【熱意あるアマチュア奏者に専門知識を学ぶ場を提供したい!】というコンセプトで行っており、「楽典は読んだことがない」「ソルフェージュって言葉を初めて聞いた」というアマチュア奏者でもゼロから楽しく学べ、確かな耳と演奏力を身につけられると好評を博している。 これまでに延べ1000名以上が受講。発行する楽器練習法メルマガ読者は累計5000名以上。 「ザ・クラリネット」(アルソ出版)、吹奏楽・管打楽器に関するニュース・情報サイト「Wind Band  Press」などに記事を寄稿。 現在オーケストラやアンサンブルまたソロで演奏活動のほか、レッスンや執筆、コンクール審査などの活動も行っている。 BODYCHANCE認定アレクサンダーテクニーク教師。 日本ソルフェージュ研究協議会会員。音楽教室N music salon 主宰。

-アレクサンダー・テクニーク, 本番, 身体の仕組み

© 2021 聴く耳育成®メソッド